2002 08前 08月 09月 10月 11月 12月
2003 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2004 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2005 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2006 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2007 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2008 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2009 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2010 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2018 01月 02月 03月 もどる

18.05.23   今週の 『生徒会役員共』 「#473」 感想

・5月29日 (火) までの期間限定なので先に書くと、マガポケにてイラスト色紙が抽選で当たる企画を開催中だとか。
参加にはTwitterアカウントが必要で、詳細を確認するにはマガジンポケットのアプリが必要。
こういう応募って昔は全部郵便はがきだったのにインターネットの普及は色々なものを変えていくなあ、とか関係ない感想を抱いた。
それはさておき、この企画は 『生徒会役員共』 ももちろん対象っぽいのでツイートしたりしよう。

そんなわけで、今週の 『生徒会役員共』 感想。
今回の 「#473」 は、柔道部メイン編!
柔道部と言ったら三葉ムツミの率いる桜才柔道部に決まっているかと思いきや、何と今回は英稜柔道部の人達も割と出番が多いよ!
まあ英稜柔道部の人達は特に名前も出ないですけど。
ともあれ何かワイワイとして楽しい回だ。

開幕 【迷える柔道部】 にて状況説明。
桜才学園の柔道が改装工事のため使えなくて、柔道部は練習ができないとか。
特に大きなネタもない導入の4コマですが、津田コトミが天候チェックをするのはマネージャーらしさも板についてきてるのかなぁと。

2本目 【有名人】 からは話も本番。
困った三葉ムツミたちに助けの手を差し伸べたのは、天草シノ会長と英稜高校の柔道部でありました。
天草シノと魚見チヒロの生徒会長同士のツテによって、英稜柔道部の道場に間借りさせていただく展開だよ。
「権力者とコネができて」 と津田コトミが過去 (単行本3巻 「#32」 ) に言ってたことの伏線回収か? (そんなわけがない
まあそう思うほど、天草シノのツテはすごいなぁーとこの時点では思ったわけですよ。
実際はそれ以外の理由もあった……いやこの4コマのオチの、大食い女王としての三葉ムツミという理由ではなく。

せっかく同じ道場での合同練習ならば練習試合も実施されるわけですが。
【攻撃型ムツミ】 は柔道から脱線して三葉ムツミの恋愛事情に中里チリが真正面から切り込むネタだ。
津田タカトシへの好意は三葉ムツミ的には隠しておけてるっつー認識なのかな。
いや隠しておけてるというより、ハッキリさせてしまうのは恥ずかしいし誤魔化したいって感じなのかも。

トッキーこと時カオルと津田コトミが主役の4コマも2本あって、【新生トッキー】 は今回初めての下ネタ系のネタだ。
いや下ネタか? って感じのライトさではあるけれど、トッキーにトイレの我慢を強いているとこまで含めれば充分下ネタで行ける。
ほら、切羽詰まってるトッキーを限界まで切羽詰まらせてえ! という嗜好の人もいるでしょうし。

続く 【アドバイザー コトミ】 、背景にモブ生徒として魚見チヒロ会長と森ノゾミがいるのは絶妙ですよねー!
ウオミーは 『生徒会役員共』 の世界では割とメインな登場人物、いや贔屓目に見れば第2ヒロインの位置にも行けそうじゃあないですか。
でもトッキーからすれば世界は違って見えて、ウオミーとか顔を合わせたことがあるのにここでは全然気付きもしない。
漫画としては津田タカトシたちが主役でも、ちゃんと作品の中の世界では登場人物1人1人が自分の世界を持っているのだ、みたいなアレ。
そういう良さを感じられる描写であろう。

あと驚いたのは、LINEであろうアプリのアイコンだよ!
つい2話前の 「#471」 に五十嵐カエデとナオちゃんのLINEアイコンが出てきて驚いたばかりじゃん。
まさか今週は時カオルと津田コトミのアイコンまで明らかになるとか衝撃展開じゃないです!??
『生徒会役員共』 は割とガラケー時代が長かった漫画で、スマフォに切り替わるときは わざわざこれからは登場人物の携帯がスマフォになりますみたいなネタまでやった漫画なんすよ。
実際そのネタを境に出てくるケータイが全部スマフォに切り替わったしね。
ネットの匿名BBSでの書き込み描写は 『妹は思春期』 からあったけど、LINEが描かれるようになったのは 『生徒会役員共』 でもつい最近だ。
何があったのだろう、一体どうしたことだろう?
氏家ト全先生がつい最近になってLINEを始めたとか?

ちなみにLINEアイコンは、トッキーが狼で津田コトミは猫だ。
名前欄は "KAORU" と "KOTOMI" で名前そのまま。
津田コトミだったら厨二病フルスロットルな名前にしそうだが、そうでないのは理解しやすさのためであろう。
つーか、下の名前が設定されてるとやっぱ便利な状況もあるよねーと改めて実感した。
トッキーが "時さん" と苗字しか不明の時点だったら、このネタの名前欄も "TOKI" とかになってたのだろうし。

それはそうと、トッキーは津田コトミに 「コトミ」 って下の名前で呼びかけることもあるのな。
LINEだからだろうか、普段だと 「おい」 とか何かしら名前以外の呼び掛けをしてるイメージですが。
深読みすると、宛先が明瞭なのに 「コトミ」 と呼び掛けるのは機械オンチを示唆してるような気もするが……いやそれは無いか。

最終ページ 【津田さんの方】 では、三葉ムツミへと向けられていた視線の謎が明かされた。
天草シノのツテによって道場を間借りできたかと思いきや、三葉ムツミ自身の過去の功績もあって間借りできたのだとほのめかす展開!
過去の試合の成果が影響してきよったー。
『生徒会役員共』 は初めて読む人に向けてのためか過去話が拾われにくいから、こういう展開は珍しくて良い。
というか、天才柔道少女の津田ハナヨがイメージ映像でとはいえ再登場するとは思わなかった。
津田ハナヨについては、単行本16巻 「#453」 を読んで再確認しよう。
マガポケにて 「#453」 だけポイントで買って読むという手立てもあるな。

ラストの 【津田くんの方】 では津田タカトシたちが登場だー。
下ネタ成分が薄めだった今回、大オチを下ネタで決めたのは七条アリアだ、さすがの貫禄であろう。
ピュアピュアな三葉ムツミも七条アリアの手にかかれば、無知シチュとか超えてそういう妄想に至れるのか。
思春期である。

今週の感想終了。
そして来週5月30日 (水) 発売号の週刊少年マガジンでは 『生徒会役員共』 が休載です。
何気に2018年では初めての休載だー。
これまでのパターンからすると、休載が明けてしばらくすると一挙2話掲載が来ていたが……?
今年はどうなるものかなあ。

18.05.16   今週の 『生徒会役員共』 「#472」 感想

・今週の 『生徒会役員共』 最大の見どころは扉絵にあるかもしれない、と思ってしまった。
この眠そうにしてる萩村スズの右肩!!
服がずり下がってわずかに肩が見えているだけでこの色気である、セクシーだー。
「まだお子様だから」 のアオリ文句を覆す見た目のインパクトがあるよ、何故だろう。
このシチュエーションだからなのか、デフォルメでないリアル寄りの肉付きで描かれているからなのか?
ともかくセクシーさを感じた扉絵だ。

そんなわけで今週の 『生徒会役員共』 感想。
今回 「#472」 は、特にテーマは無い日常的エピソード回。
開幕 【デルタ地帯】 もある意味セクシーか?
筋骨隆々な黒い肌の男性が津田タカトシの理想的逆三角形の肉体として描かれよる。
これアニメ版 『生徒会役員共』 のオリジナルネタがすぐ連想されるな、氏家ト全先生が意識していたのかは不明だけど。

今回一番面白いのは 【ギャグかな?】 だと思う。
津田タカトシが事態を理解しようとしても理解しきれないって顔するのかってとこも良いし、萩村スズのツッコミも良いよ。
絶対あり得ないだろうと思ってたシチュエーションが起きたときの表情ってやつですよ。

鏡に映った天草シノが色使いのせいなのか妙に美しい 【鏡と私】 。
そんな味わいも吹っ飛ばす七条アリアのエロボケは相変わらずだわ、いやまったくぶれない。
むしろ周囲を巻き込む状況も増えてきた分、下ネタなことを考えている時間が増えているのかもしれない。

【お大事に】 は、フレンドに意味深と付けるだけで下ネタなフレンドであることを言い表せるのか、とか思った。
横島ナルコ先生の状況については謎すぎる、これフレンドは男性なのか女性なのか、というところから気になりますね。

次の 【たくさん重ねよう】 もお尻のネタ。
これから何段重ねものパンケーキを食べるとき尻タワーを連想してしまう読者も出てくるのかも。
イメージ図の4人は具体的な登場人物を連想しての属性なのかなーとも思ったけれど、まあ周囲に天草シノが高飛車だと思いそうな登場人物がいないか。

【私はマジョリティー】 、この誤解だと眼鏡かける人あるあるで足のニオイ好きってことになってしまいそう。
シュールすぎて笑う。
つーか今更だけど、轟ネネが匂いもOKなのはともかく 自らの足さえOKなのは常人の範疇を一歩越えているような気がする。
こう、自分自身の裸を見て興奮できる人みたいな。

18.05.09   『生徒会役員共』 「#471」 感想

・1週間遅れでの 『生徒会役員共』 感想ですよ。
この回は、津田タカトシと五十嵐カエデのWデート編の続き!
2人きりでホテルの一室に1泊するという展開が予想されるお話だー。
一体どういう一夜を迎えるのか、と思いきや天草シノたちも交えてのワイワイとした一晩になったとさ。
さすがにそうか……
ここで天草シノたちを振り切って2人きりで泊まるような立ち回りは、そもそも五十嵐カエデもできなさそうだし。

そんなわけで、『生徒会役員共』 「#471」 の感想。
開幕は扉絵の時点でWデートに誘ったヨシ君ナオちゃんのカップルはおかえりんぐ。
五十嵐カエデも親から外泊の許可をあっさり得られてる、展開がはえー。
【ハッスルした夜】 では五十嵐カエデが外泊を認める親にぷんすか怒っちゃう。
そういや五十嵐カエデの親御さんは下ネタ側の立ち位置なのかなー、気になるところだ。
そんな迷える子羊の五十嵐カエデに七条アリアが解決策を提示するわけですが、ツッコミ役が天草シノなの面白いな。
下ネタ的な考えなのにこの真面目な戸惑い顔で言うのか、みたいな感じもある。

2本目 【絶対的な壁】 の時点で舞台はすでにホテルの一室!
ドキワクな一晩が幕開けかーと思いきや、七条アリアがボケを放り込む。
ドキワクどころか徹夜で勉強会をするという 津田タカトシ的にはボーナスチャンスから罰ゲーム的な感想抱いてそうな展開だ。
【青の世界】 によれば五十嵐カエデのご提案であるそうですが、天草シノたちも一緒なのは誰の要望なのか?
天草シノたちまで一緒なのは五十嵐カエデの提案ではなく、天草シノたちからの提案だと思うのだけどどうだろう。
もちろん五十嵐カエデを心配してるのでなくて、津田タカトシとの仲が更に深まっちゃうことを懸念して、みたいな感じで。
それはそうと2コマ目のテーブルを囲む一同の絵が良いよね……可愛らしいうえに楽しそう。

1コマだけ出島さんが 【夜はこれから】 にてご登場。
そっか、七条アリアが一泊するなら出島さんも付き添いかー。まあそりゃそうか。
そういやこういう場面に橋高さんが付いてきてることは無いのよな。
橋高さんは一人で七条家に泊まり込みなのかしら、とかどうでも良いことが気になってしまった。
どうでも良いついでに書けば、徹夜でも萩村スズは全く眠そうな素振りを見せてないね。
成長したってことであろう。

七条グループが運営するホテルなら、つまりはそういうホテルなのか……?
そのような疑問は残ったままに 【朝チュン】 では朝を迎えた。
まあレンタル衣装くらいカラオケ店やプリクラ押しのゲーセンにだってあるし健全だよね、ということにした (いやでもスク水は無いよな

朝一番でナオちゃんからLINE (っぽいの) が飛んでくるのは、五十嵐カエデとナオちゃんの仲の良さの表れって風情で良い。
「おはー よく眠れた?」 とか全然下ネタなこと聞いたりしない挨拶なのも 何故かニヤニヤしちゃう。
下ネタ側の登場人物でも、こういう普通人な一面もきちんと兼ね備えている!
こういうところが氏家ト全先生の漫画の魅力だ。
ていうかナオちゃんのアイコン、アヘマル (アヘ顔アニマル) シリーズなのでは。
作中で人気シリーズのキャラクターという話があったけれども、ナオちゃんまでアイコンに利用しているとは。
五十嵐カエデのアイコンが小鳥なの、何かすげーそれらしいですね。
説得力があるアイコンチョイスだ。

ラスト 【一人つっこみ】 は五十嵐カエデの独り相撲なネタですが。
ちゃんと、この一晩やWデートを五十嵐カエデはどう思ったのか、というとこを描いてくれるのは誠実ですよねー。
五十嵐カエデ自身の意志で選んだ結果の一日ではあるけれど、きっかけはどれも振り回されてだったじゃあないですか。
そこを気にして不憫に思ったり後味もやもやしちゃう読者が出ないようフォローする丁寧さだ。
連続エピソードの締めだから、読後感良いほのぼのとした一息付けるオチでもあるのだろう。

18.04.25   今週の 『生徒会役員共』 「#470」 感想

目次ページの氏家ト全先生のコメントが、今までになく衝撃的だ。
今週の週刊少年マガジン読んだ? 目次ページを読んだ?
まあもうこれ書いているの4月28日の土曜日だし、以下にまるっと書いてしまえば次の通り!

そうだ新キャラ出そう。

げぇーっ!? 新たなる登場人物の登場予告だー!?
これまで何度も登場人物が増えたことはあったけれども、こうして目次コメントで予告がなされたことは初めてのことだ。
あまりに衝撃的すぎて、もしかして他の漫画家さんのコメントと入れ替わっているのではないか? とまで思った。
(実際、目次コメントが入れ替わってしまうというケースは他誌でもそうだが稀に起きるので)
でも今週のマガジンでは、他に氏家ト全先生っぽいコメントは見当たらずー。
やはりこの登場予告は、氏家ト全先生のものであろう。

そんなわけで、今週の 『生徒会役員共』 感想。
今回 「#470」 は、また登場人物が増える気配がみじんも感じられないWデート回!
目次コメントの話は感想の最後に触れるとして、まずは今回の津田タカトシのWデート編を見ていきたい。

前回 「#469」 で約束されたWデートのため、津田タカトシと五十嵐カエデがテーマパークを訪れる。
Wデートのお相手は、既に人前でのプレイも気に留めなくなった桜才バカップルのヨシくんナオちゃんだー。
ヨシくんナオちゃんの下ネタに五十嵐カエデが振り回されるネタがメインかと思いきや、開幕 【監視者のお言葉】 は五十嵐カエデがボケを放つぞ。
かなり楽しみにしてきてる様子が伺えますね!
こういうテーマパークに不慣れな様子も感じられる、ていうか前回のあらすじによれば 「疑似Wデート」 であるらしい。
このあらすじは五十嵐カエデ本人の弁でありそう。

ヨシくんナオちゃんの下ネタ、というか人目を憚らぬプレイが炸裂のは2,3本目の 【密室カップル】 と 【口ベタ】 。
まあ 【密室カップル】 の方は人目を気にしてたプレイと言えますが (言えたところで!)
全登場人物の中で色々なプレイを数多く体験してるのは出島サヤカや横島ナルコ先生だろうけど、ヨシくんナオちゃんの成長率も侮れないのかも。
【口ベタ】 は口下手ではなくてオチの様子を表すサブタイトルだった。
ていうか、津田タカトシの口周りがクリームで汚れているからとハンカチを差し出す五十嵐カエデは仲良しすぎる!
もうこれ津田タカトシに対する好意が完全なものとなってますわー。
そりゃ先週でナオちゃんもWデートの相手に津田タカトシを誘うだけある。
こういうシチュって天草シノや七条アリアや萩村スズでもやってないでしょ。
津田コトミが萩村スズの口の周りを拭くネタとかはあったけれど、あれ同性だしな。
まあそんな津田タカトシと五十嵐カエデの関係性のインパクトを上回るオチを見せるのがヨシくんナオちゃんですが。
監視役の目が行き届かないところで何をしちゃっているのか。
やっぱり監視者は必要だったな。

さて今回の後編からは、シチュエーションががらりと変わる予想外な展開が待ち受けていた!
【セクシーおばけ】 では、なんと出島さんが登場だー! 勝ったな (何がだ
出島さん登場の理由は後として、この4コマはお化け屋敷のお化け役でこの下ネタに至る発想がすごい。
お化け屋敷×巨乳というヒントを与えられても常人では捻りだせない発想でしょ。

そんなわけで 【七条ワールド】 からは、テーマパークが七条グループ運営であることが話のメインに。
今回どこで登場するのだろうと疑問であった天草シノたちもここのオチで登場だー。
このテーマパークが七条グループ運営なのは予想の範疇だけれども、このオチはまったく予想していなかった。
七条アリアお嬢様の特権をフル活用しまくりである。
「偶然 遊園地の裏側を見学していた3人」 とあるが、これは果たして本当に偶然なのかー?
七条アリアお嬢様のご意志なのではあるまいかー!?
はたして一体どの段階から津田タカトシと五十嵐カエデは七条アリアたちに見張られていたのか?
Wデートの監視役として選ばれた津田タカトシと五十嵐カエデが、実は天草シノたちによって監視されていたという二重構造!
話の切り替えとしては充分な威力を持った上手さだ。

それにしてもセクシーおばけコスであっても出島さんは髪をおろさないのな……
この和風幽霊姿ならば髪をおろしているのが自然なように思うのだが……
サービスシーンはコスプレ姿までで、普段と違うヘアスタイルはサービス過剰という判断なのかー?
口惜しい。

最終ページの 【キリ番】 は、次回予告を兼ねた8コマ漫画。
先に触れておくとスーツ姿の出島さんというのもレアであり非常によろしいですね、よろしいですね。
もうここに来ると話的にもシチュ的にも主役は五十嵐カエデで、オフィシャルホテルの宿泊券が贈呈されちゃうネタである。
宿泊券をヨシくんナオちゃんにあげるとか、ナオちゃんと五十嵐カエデの女友達同士でホテルを楽しむってことにはならないようだ。
こういう押しに弱いところが五十嵐カエデなのだろうなー。
というわけで、次回の 『生徒会役員共』 は津田タカトシと五十嵐カエデのオフィシャルホテル一泊編らしい!
どうなっちゃうのこれ……!?
次回に続くネタであったことも、このヒキも予想外すぎるぜ。
なお、次号の週刊少年マガジンは5月9日 (水) の発売につき、次回は2週間後の掲載だ。
こんなタイミングで合併号かよー。

今週の 『生徒会役員共』 の感想終了。
そして最後にもう一度、目次ページの氏家ト全先生のコメントである新登場人物の登場予告についての話をば。
いやーまあ正直、まだまだ掘り下げられていない登場人物もいる中で、もう新しい登場人物が出るとは思わなかったぜ。
個人的には青葉トオリやトリプルブッキングが掘り下げられたら嬉しいのだが……
というかもっとメイン級な登場人物でも、森ノゾミや広瀬ユウもまだ登場して日が浅いような。
モブとして一度だけ登場したような人物をメインやサブに格上げしていくって手法もあると思うのだけれど。
轟ネネだって、最初は萩村スズの名無し友人として登場してから今に至るわけですし。
畑ランコや轟ネネと同じ部活のモブ女子生徒の出番が増える可能性とかは無いのかなあ。

氏家ト全先生のデビュー作 『妹は思春期』 では連載当時の2chスレで "困った時の新キャラ" みたいに言われてた記憶もいまだにある。
というかその頃の印象が鮮やかなので、登場人物の増加は "新しい属性が増える!" とかポジティブな捉え方ができず悪いように感じてしまってるのか。
日記冒頭でも書いたけど、こういう登場予告が行われたのは今までに無かった。
そこを考慮するに、これは何か特別な仕込みがあると期待しても良いのかも。
たとえば……過去作 『濱中アイ』 の登場人物が 『生徒会役員共』 でもレギュラー化するとか?
まあこれだと天野ミサキが既にゲスト出演程度とはいえやっているけど。
う〜む、全く分からない。
どうせ全く分からないなら、大胆予想でもしておくか?
「実は実写ドラマ化が決まりオリジナルヒロインを出すとも決まったので、むしろ原作にそのヒロインも登場させることになった」 とかどうか。
さすがにツッコミ役男子とかラッキースケベ役みたいな男子の登場は無いと予想しておく。

18.04.18   今週の 『生徒会役員共』 「#469」 感想

・今週の 『生徒会役員共』 は、光とか影のネタが多い感じのエピソード。
光の下ネタ 影の下ネタ、と書くと……何やらファンタジーバトルっぽい雰囲気ですが、光と影とで隠されるのは裸体であった。
隠れてるからって割とモロに裸が描かれる回だなあ。
そんなわけで、今週の 『生徒会役員共』 「#469」 感想。

扉絵は勢いのある畑ランコで。
開幕 【むかしむかし】 は横島ナルコ先生と小山リカ先生の会話を盗み聞きする畑ランコのネタですよ。
今回は畑ランコメイン回かなーと思いきや、この3人の出番はこのネタだけ。
豆腐屋のラッパの音が畑ランコは何の音だか知らない可能性がある、と考えたら年代差にずーんと来ますね。

2本目 【影は語る】 では、七条アリアのボディラインが思いっきり描かれる。
所詮は影なのだからそこまでエロくはならないでしょ……とか思ってよくみれば妙にエロいよね?
新手の露出プレイであることは疑いようがないっしょ。
この写メ自体よりもこの写メを見せてる七条アリア先輩がどんな表情をしているかを見てみたいものだ。

1本飛ばして 【情緒を破壊する】 も七条アリアのボディラインネタではありますが。
今度は場所が自宅で登場人物も七条アリアと出島サヤカというだけあって、今度は写メでなく直接に全裸ですね。
3コマ目の出島さんだけ見れば、下ネタとは全く無縁に美しい光景を楽しむ出島さんという清らかな印象を感じ取れるぞ。
まあ4コマ目で即座に煩悩まみれの感想を叫ぶことになるわけですが。
出島さんはこの後 逆光とか関係ない間近へと速攻で駈け寄ったのかどうか?
いやここは情緒を理解して、あるいはそういうプレイだと理解して近付かずじらされるがままだったと思ったよ。

七条アリアの裸に挟まれた4コマ 【光のスジ】 は、光で裸が隠される下ネタ。
このネタが挟まれることで 影 → 光 → 影 と同じ七条アリアのボディラインネタに緩急がつくわけですね、知らんけど。
天草シノが好きだという光跡写真は、このようにアニメのエロシーンの再現ができるという理由で好きなのかどうか?
純粋に綺麗だからに加えて再現もできるからなのかどうか。
津田タカトシはたまにある下ネタに乗っちゃうタイプのオチを引き起こしてますね。
ていうかアニメのエロシーン、津田タカトシも興味を惹かれたりするのか……
録画したアニメ番組のそういうシーンで一時停止してる津田タカトシというのは……まあお年頃だからそういうこともするかー。

光でも影でもなく、純粋に裸体繋がりだろうネタが 【きらめくスリット】 。
魚見さんが来てるのにバスタオル一丁でリビングに出てくる津田コトミというシチュエーション、CMNFな人向けなサービスシーンかも。
この津田コトミには だらしなさを感じ取れば良いのか、隙間が見えないほどきちんと閉じてることにきちんとしてるのを感じ取れば良いのか?
いや、そんなきちんとは無いですね。
津田コトミがCMNFネタなり何かなりでボケるより早くウオミーがボケたのは意外な感じ。

次の 【くもりなき めがね】 も裸に近い身体が描かれるネタ。
何か今回は下ネタギャグのためというより普通にお色気カットとしての裸体が多い印象だー。
今週の氏家ト全先生は何かが違うのかもしれない、違わないのかもしれない (適当
カラーレンズをかけた女子生徒がメガネ女子好きな人向けのサービスカットなのかと思ってしまいましたね。
まあ一般的には妄撮みたいな 服が透けるメガネ越しに見られてる女性がサービスカットに当たるのでしょうが。

ラストの 【監視役(2名)】 は、次回予告を兼ねたネタ。
男性恐怖症であり風紀委員としての活動にも熱心な五十嵐カエデに 「GWは彼氏と このテーマパークに行くんだ」 との発言だー。
これは五十嵐カエデを全然知らないとか気が回らないとかでなく、知ったうえでそういう事も話せる、気が置けない仲ということだろう。
というか3コマ目で 「そんなに心配ならついてきたら?」 との提案が出てくる時点で仲の良いことは明らかですね。
天草シノにとっての七条アリアのような、萩村スズにとっての轟ネネのような親友という描写も兼ねているぜー。秀逸。
っていうか五十嵐カエデは男子でも津田タカトシなら心を開いている、ってことまで知っているってことじゃあないですか。

今週の感想終了。
そんなわけで、次回の 『生徒会役員共』 は津田タカトシのWデート編!
津田タカトシと五十嵐カエデがテーマパークでWデートをするエピソードが来たー。
天草シノたちはこっそりついてくる形で登場するのか、それとも最後に事後報告を聞くだけでの登場になるのか?
かなり予想できない展開でありますよ、こいつは楽しみだ。

18.04.11   今週の 『生徒会役員共』 「#468」 感想

・今週の 『生徒会役員共』 は、春めいたならファッションを楽しめる時期も到来だ、みたいな発想なのかも (適当)
そんなわけでファッションネタが多め……いや、これをファッションと書いて良いのかなあ、みたいなネタもあるけれど。
何故ならファッションっていうよりプレイの一種な格好だものさー。

そんなわけで、今週の 『生徒会役員共』 感想。
「#468」 は、特にイベントも無い日常回。
扉絵の津田コトミは、やたらと胸が強調されてるっていうか素直に胸がデカい。
津田コトミは巨乳キャラであるはずだが、そこを見逃さず 「出るとこ出て、ボリュームアップ進行中!!」 とのアオリ文句が入った。
有能な担当編集者さんだな、よく見ていらっしゃる。

開幕 【陽気な生徒会】 は、下ネタ的なパンツに戸惑う七条アリアと天草シノのお話。
「下ネタ的なパンツに戸惑う」 と書くと強制プレイ的に穿かされてる、みたいな印象だけれど、言わずもがな天草シノたちが好きで穿いている。
学校は鍛錬や習熟の場であると考えるなら、扱いこなせない不慣れな着衣も本来の目的通りなのでは……と擁護するのは無理なパンツだった。
つーか萩村スズのツッコミがど真ん中ストレートで笑った。

2,3本目の 【おめかし時さん】 【モロ見え】 は、津田コトミとトッキーのネタ。
この2人で街へとぶらぶら遊びに出て、ファッションについておしゃべりすることがあるというの、素晴らしいな。
そりゃ漫画としては描かれてないだけで作中では今までも普通にあったのだろうけど、ハッキリ描かれるのは感情高ぶるやつでしょ!
津田コトミがトッキーのコーディネートとかしてたりしてほしい。
いや、どちらかと言えばトッキーが津田コトミのファッションをこうしたら良いとか言ってる方が良さがあるか?

津田コトミはバッグを持ってるのに トッキーが手ぶらで出歩いているように見えるな。
まあたまたまこのコマではそう見えるだけ、という可能性もありましょう。
でもやっぱドジっ子を本人も反省しており、荷物はこのゆったりとしたアウターのポケットに収まる最小限にして出てきた、との推測はどうか?
もしくはトッキーの忘れ物防止に津田コトミが大きいバッグを持って、トッキーの荷物も一緒に入っているという可能性はどうか。

それはそうと世が世なら、トッキーが背中開きトップスを前後逆に着たイラストが速攻で描かれてもいただろうに……!
その光景を指すサブタイトルが 【モロ見え】 とかド直球なのは笑った。

次の 【まわる世界】 、これ古谷サチコはラブホに行くようなことをしていない、という推察もできそうな。
今の時代にないラブホの回転ベッドをさもあるかのように語っちゃうってことは、少なくとも相当行ってないって話で。
まあそうすると、ツッコミ入れてる津田タカトシ (?) はラブホ行ったことがあるってことになっちゃうか。
ダメだなこの説は。

横島ナルコ先生によるおしゃれファッションの紹介は、トイレットペーパーを身体に巻き付けて というもので……
この 【ペーパーライフ】 、まあファッションではなくそういうプレイなわけですよ。
裸リボンの一種だろうにトイレットペーパーを使うのは、何つーか頻度高めに日常的にやってる安く済む素材で、みたいな印象を受ける。
ガチ感が出てるな……

最終ページ 【ひかえめな秘密】 もファッションネタにカウントできるけれど、それより萩村家の親子関係が気になるところ。
萩村スズ母的には、萩村スズの身長やそのコンプレックスはどう思っているのかなー。
「みんな違ってみんないい」 といった感じに捉えているのだろうか (下ネタ的な意味で)
つーかシークレットブーツの存在を萩村スズが母親に隠していたのは何か意外。
まあお年頃だからそういうことは母親にも明かすのは恥ずかしいか。

ラスト 【ぬけないからだ】 は七条アリアのいつもの聞き間違いネタだが…… 「いつもの」 で片付けて良いのかしら。
常人を圧倒する域に入ってる気がするぞ、ラストのツッコミは100%正論中の正論でヤバい。
聞き間違いは普段通りとしても、即座にこの対策を出すのはギャグよりも恐れを感じてしまう……
同じ号のネタで津田コトミが普通の乙女的な恥じらいを見せていたから、余計にそう感じるのかも。

18.04.04   今週の 『生徒会役員共』 「#467」 感想

・今週の 『生徒会役員共』 は、横島ナルコ先生メイン回!
一体どれだけ下ネタが溢れたエピソードになることやらと思いきや、むしろ下ネタの印象が薄い展開であった。
2,3ページ目の4本は下ネタオチなのに、後味は健全展開を読んだときの感じ。
横島ナルコ先生の健康の話題がそれだけインパクト強いからかー?
内臓脂肪とかガチな話題じゃん……って雰囲気あるせいでしょうか。
そんなわけで、今週の 『生徒会役員共』 感想。

今回 「#476」 は、横島ナルコ先生の人間ドック受診に向けて早朝ジョギングをしたりする回。
ジョギングには津田タカトシたちも付き合うぞ。
津田タカトシが横島ナルコと2人で人気のない場所をジョギングしたらどうなってしまうのか?
そんな不安は不要で天草シノたちも一緒にジョギングするけども。
ていうか、天草シノたちが一緒でも あわよくば的に津田タカトシ狙ってなくもない的な下ネタ発言するのも相変わらずすごい。

開幕 【気になる数字】 は、萩村スズ&轟ネネ始まり。
轟ネネの出番多めか!? など期待したが、出番はこの4コマだけだった。
「体重・ウエスト増えてたらどーしよー」 と轟ネネも気にしているのは良いっすねー。
下ネタは開けっ広げでも、こういう羞恥心は普通なのが轟ネネたちや、ひいては氏家ト全先生の漫画の良いところだと思う。

2本目 【節制生活】 のオチは無理めな下ネタに思えて、過去エピソードを振り返れば実際遭遇しそうに思えるのが面白い。
萩村スズ母とか出島さんのそういうプレイ姿に遭遇しかねないな……というのは分かって天草シノはボケているのかしら。
まあ向こうは向こうで、出くわさないように注意を払ってプレイを堪能できるプロだから (?) 安心か。

横島ナルコ先生が禁酒したり青汁飲んだり、具体的な健康活動をしてるのが健全に感じられる要因なのかな。
【前に立つ人】 で津田タカトシが 「別にオレドジっ子じゃないし‥」 と自己評価してるのは何か気になる。
ドジっ子じゃないけど割と鈍感からの天然がたまにあるよ、みたいなことを周囲の天草シノたちは聞いてて思ったりしてるのでは。

次の 【若草の味】 、お手製の青汁を作ってくるのが萩村スズというのも健康のためのガチさが出てるよな。
天草シノだったら多少効能が落ちても味わいとか良くしてそう。
【会長と鞭】 、天草シノと横島ナルコが下ネタを交えず仲良い会話 (ツンデレ気味だけど) をするとかレアシーンじゃね。
2コマ目のしおらしい感じの横島ナルコ先生というのも珍しげー。
ていうかこのお弁当、誰が作ってきたのだろうか? 横島ナルコ先生の自炊だろうか?

ラスト 【とてもまぶしい】 では、すっかりいつもの調子に戻った横島ナルコ先生を確認できるぜー。
でもオチで下ネタに行かず、健康関連というか年相応みたいな話題がオチになるのは普段と違う感じ。
思わず顔を覆い隠す横島ナルコ先生の仕草は可愛いけれど、下ネタの印象を薄めるひと押しになるオチだー。
まあこれはこれで。

もどる

inserted by FC2 system