2002 08前 08月 09月 10月 11月 12月
2003 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2004 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2005 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2006 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2007 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2008 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2009 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2010 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2011 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2012 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2013 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2014 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2015 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2016 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
2017 01月 02月 03月 04月 05月 06月 もどる

17.11.15   今週の 『生徒会役員共』 「#449」 感想

・今週の 『生徒会役員共』 感想……の前に、2点ほどお知らせをば。どっちもこの15日のことではないのですが。
まず、週刊少年マガジン公式アプリ 「マガポケ」 がPCからでも読めるようになった
マガポケのWebサイトはこちら → https://pocket.shonenmagazine.com/
これによってPCからでも 『生徒会役員共』 のほぼ最新話が無料で読める
太っ腹すぎない? 講談社の収益的に大丈夫なの?
とりあえず、『生徒会役員共』 やその他の漫画を印刷の濃さとか気にせず綺麗な画質で読めて便利だ、皆もアクセスしよう。
ひとまず 『生徒会役員共』 の第1話のURLも貼っておく → https://pocket.shonenmagazine.com/episode/13932016480029113084

そしてもう1つのお知らせ。
何と、『劇場版 生徒会役員共』 のネット配信が69日間の期間限定で始まった。
詳しくは劇場版公式サイトにて → http://king-cr.jp/special/seitokai_G/news/
限定版単行本16巻に収録される劇場版が、単行本より早くネット配信されるってどういうこと?
世の中のそういう仕組みは良く分からないな?
つーか、劇場版の上映開始から4ヶ月弱しか経っていないのに配信開始ってマジかよ、早すぎない?
うーん、劇場版の興行収入が良かったから配信なのか、悪かったから配信なのか、それとも興行成績に関わらず配信は決まっていたのか?
アニメ業界に詳しくないから全てが謎だ。
とりあえず、劇場版を今すぐ見たい! という人にとってはありがたい話である。
劇場で見るより限定版単行本を買ってみるより価格が安いというメリットもあろう。
ニコニコ動画での配信で見るならコメントが流れる、という特徴もあるし。

・そんなわけで今週の 『生徒会役員共』 感想。
今回 「#449」 は、嬉しいことに出島さん特集回と言えるのではないか!?
扉絵は出島さんだし、ラスト3本のネタは全部七条家での出島さんだよ。
それに何より、今回は扉絵も特徴的で嬉しいね。
いつもの決めポーズ的な止まった姿勢とは一風変わった感じの、何やら動きのある出島さんだ。
正にシーツを取り換えるため ぶわーっとやったその一瞬を切り取ったようなワンシーンである! 嬉しさ2倍だ。
これで今まで一度も呼ばれたことのない "出島サヤカ" の下の名前まで呼ばれる展開があったら至高だが、さすがにそんな贅沢は無かった。

開幕 【見えない糸】 は、何だか可愛い尽くしじゃない?
蜘蛛の糸にひっかかった天草シノの 「わぷっ」 なるリアクションとその表情は漫画らしい可愛らしさだ。
すぐ駈け付けた、というより登場位置からすれば木陰に最初から隠れていたのかみたいな畑ランコは表情豊かだし。
「なんだ のろけか」 と呆れつつも写真は撮影しておく手癖は新聞部の鑑的な行動なのかしら。
畑ランコでも呆れることあるのだなーとか素直に思ったりもした。

2本目 【ハードボイルド妹】 、内ポケットに手を入れるネタでも下ネタにならない人物が 『生徒会役員共』 にいようとは!
同じ仕草を天草シノがやったらば、バストアップ運動の一環かな? みたいな下ネタボケに繋がってそう。

小山リカ先生と横島ナルコ先生がさー、お互いの自宅を訪れてくつろいでるシーンって良いよね……
女教師同士で仲の良い関係は氏家ト全先生の過去作品 『妹は思春期』 にもあったけど、互いの家を訪れるまでにはなっていなかったし。
『濱中アイ』 の中村リョーコと濱中アイの関係では若すぎる感じもあるしさー。
この 【反応を楽しもう】 、新しいカップリング誕生の兆しがあると思う、ある種の化学反応と言えよう (?) 。

次の 【上から一枚】 、1コマ目の何気ない背景に飼い猫のムラサメ君がいるのが今の津田家の形なのだよな。
それはさておき、ブラを素肌にではなく 肌着の上からブラを着ける女性が実はそこそこいると聞いたことはあるが……
しかしこれ、外出用の服の上にブラを着けて外へ出るファッションとは……?
googleの検索結果によれば一応実在するらしいが……?
何か騙されているのではないか……???
謎である。
個人的にはシャツの首回りを広げて胸元を覗き込みノーブラを確認する津田コトミに類まれなる良さを感じた。
週刊少年マガジン青少年男子読者の手もこのコマで止まってほしいと願ったよ。

さてさて、ラスト3本は出島さんが出ずっぱりだー! 勝ったな(何が)
というかよく読めば、3本とも七条家が舞台で、登場人物は七条アリア・出島サヤカ・橋高さんの3名だけですね。
更にラストの4コマでは七条家の飼い猫ちゃんも登場するぞ。
まず 【ドンマイ】 は出島さんの失敗のお話。
失敗というよりわざとらしい恥ずかしがり方に魅力を感じられる4コマであるわけですけど!
この 「恥ずかしーっ」 ってさ! 絶対そう恥ずかしがってないのにさ、これが可愛い仕草だからと分かっててやってるやつでしょ!
その様子が大変に良い! 七条アリアの視点から目に焼き付けたい仕草だ。
七条アリアお嬢様になら残ってたものまですべてを見られたい、という欲求さえ拾える4コマでもあり最高。

出島さんネタ2本目の 【まごころがつまってる】 、橋高さんのツッコミに意識を奪われてしまった。
2018年も近付いたこの21世紀、「ここはブルセラじゃありませんぞ!!」 ってツッコミは時代を感じるツッコミってことなのかしら……
「ブルセラ」 でぐぐったらさー、ブルセラ症なる人獣共通感染症がトップページの半数を占めてて驚いたよ。
出島さんが手に持つパンツ (下着) は七条アリアのパンツなのであろうけど、これが出島さん自身のだったら変態度数が半端無いなと思った。
いやむしろ、七条アリアのでも出島さん自身のでもない第3者のパンツという可能性も見出すのはどうか?
たとえば天草シノのパンツであったら……まあ七条アリアのパンツと読み取るのが一番無難ではあるか。

そしてラストの 【ネコの指定席】 、怒涛の橋高さんツッコミ3連発を締めるこのオチは笑った。
もはや出尽くしたのではないかと思える 「ネコとタチ」 にまつわるボケの新しい見せ方……!
出島さんはやはりタチであるのはよろしい。
出島さんはタチであるということが橋高さんさえ知る公然の事実というのも非常に良い。
つーか、深く考えるなら最後のセリフは愛の告白じゃね?
多種多様なプレイを満喫している出島さんが七条アリアさえいれば他の相手はいらないみたいな発言をしているんだぜー!
まぁこの告白の本気度は細かく測る必要があるやもしれませんが。
でも軽い冗談であったとしても、それはそれで出島さんが軽い冗談で告白めいたセリフを言えるという描写でもあろう。
どちらに転んでも大変美味しい4コマでございました。

17.11.08   『生徒会役員共』 「#448」 感想

・一週遅れでの感想となってしまいました、『生徒会役員共』 「#448」 の回の感想です。
この回は、前回ちらりと語られていた三葉ムツミのアルバイト編!
三葉ムツミがおやつ代に悩む描写があったとはいえ、マジでバイト展開が描かれるとは思っていなかった、嬉しい予想外だ。

開幕 【ふわふわする】 の1コマ目から、うさぎの着ぐるみが見下ろすド迫力の幕開けだ。
このコマに 「三葉ムツミです」 のナレーションが被さって非常にインパクトあるな……
氏家ト全先生の漫画としては新しい手法だよねえ。
そんな訳で着ぐるみの中にいるのは三葉ムツミであり、扉絵は着ぐるみを脱ぐ瞬間の三葉ムツミ。
油断してる雰囲気もあってフェチの人とかは非常に美味しくいただけそうね。

開幕2コマ目に見える女児はサブレギュラー的な登場人物であるアスカちゃんである。
気になるのは3コマ目でアスカちゃんの後方に立ってる大人の女性。
もしかしてこの人がアスカちゃんの母親だったりするのか?
まぁセリフなどは無かったので、関係は不明のままだけど。
氏家ト全先生の漫画では登場人物の母親って登場する事が結構多いから、アスカちゃん母がお目見えすることはあると思う。

次の 【犬語】 では着ぐるみアルバイトを三葉ムツミと一緒に津田タカトシもやっていると判明。
この書き方だとアレですが、一体の着ぐるみに2人が入っているわけではありません。
犬の着ぐるみに入った津田タカトシへとウサギの着ぐるみに入った三葉ムツミがご指導だー。
ちゃんと世界観を大事にしようって態度は、以前あったハロウィン回での萩村スズのかぼちゃコスプレを思い出すぜ。

3本目 【体験しよう】 、三葉ムツミに遮られた天草シノの発言は下ネタだったのかどうか?
こういう経験が将来役に立つというのは、ラバースーツを着用してのプレイ という話に繋げそうにも思える。
つーかこのうさぎの着ぐるみの顔のインパクトが凄いなw
この焦点のあっていない目だけでオチを成立させてる感じがある。

アルバイト編というか着ぐるみ編になってるけど、この 【中の人】 は色々と斬新だ。
萩村スズが撮影会に呼ばれるというのが見せ方上手いし、萩村スズがまんざらでもなさそうなのもそう来たかー! って思ったし。
何よりこのオチが斬新だわ。
着ぐるみごしに触れるから天草シノの胸に触れても分からない、というのは桜才学園マスコットさくらたんの回であったけれども、
それに近いはずなのに立場を逆転させるだけで こんなネタがあったのかという驚きが生まれてるから感心した。
やっぱこれ天草シノは着ぐるみごしのプレイを妄想してるからこの手の位置にすぐ気付けたのだと思う。
萩村スズは津田タカトシを意識しつつも、ワンちゃんと自分 みたいな感覚で撮られる気持ちになってたのだろうし。

何か印象に残る絵面してるのは 【一芸】 の1コマ目。
端にいる三葉ムツミの入った着ぐるみが変な方向凝視しちゃってる面白さ!
そしてバルーンアートのお姉さんの髪型が割と珍しい感じだよね。
大人の女性でこういうヘアスタイルな人って氏家ト全先生の作品では珍しかろう。
「子供相手のバルーンアートをやっているお姉さん」 という役目での髪型なのかしら。

最終ページの 【寺のアレ】 では出島さんが登場だー、今週の登場人物は意外に多いぞ。
サブタイトルのアレとは "常香炉" ですね、常香炉の煙を浴びると身体の悪い箇所が良くなるというアレです。
そうすると出島さんが浴びるのは頭で良いの? ってことになってしまうけど。
でも、じゃあそれならと とか頭以外の場所に浴びようとするなら公衆の面前ではヤバイ箇所に浴びせようとしそうだ。

ラストの 【ぐるっと】 、三葉ムツミの透けブラやそれを津田タカトシに聞こえる状況で指摘する七条アリアより、
萩村スズが眉毛をぐっとまげて透けブラ見せないようにすることに気合い入れてるような心境なことに良さがあると思ったんだ。

17.11.01   今週の 『生徒会役員共』 「#447」 感想

・ 「最近の 『生徒会役員共』 ってこういうネタが多いよね」 と感じることは人それぞれあるかと思いますが。
今回 「#447」 は、そういう最近よく見るよなーってネタが特に多かった印象だ。
1,2コマ目と3,4コマ目がかかってるダジャレ的な言葉遊びとか、トリプルブッキングのモブ的なゲスト出演とか、8コマ漫画とかさー。
まぁトリプルブッキングのモブ的登場だけはちょっと前からちょこちょこ続いてるけど。
そんな訳で、今週の 『生徒会役員共』 感想。「#447」 の感想。

開幕 【よどみなく】 は萩村スズの自然な表情から始まったー。
真顔というか自然なお顔だ、普通の表情でこれというこの整った顔立ちの良さが全面に出てるよな。
そして絡むお相手は轟ネネ。
下ネタ無しの会話をする2人は何やら絵面が可愛い。
可愛さ全面押しのような4コマだ。

2,3本目の 【いろいろな色】 【たぎる夜】 ではトリプルブッキングがゲスト出演だー。
歌番組とかアイドル活動にでなく、こうしてテレビの健康番組に出演しているのを見ると年月の経過を感じるね。
そういう健康バラエティの顔ぶれになるほどの知名度や、応用が利く能力を獲得したのか……っていうか感じでさー。
顔つきも割と 『あかほん』 で主人公していた頃とは違ってる。
氏家ト全先生の絵柄の変化……というリアルな理由の推察は置いておいて、シホたちが経験を積んだからみたいなこともありそう。

そういや 【昔話】 の1,3コマ目の横島ナルコ先生は、コピペかと思ったが違った。
氏家ト全先生は同じ構図のコマでもコピペせず描くタイプの漫画家さんなのよね。
あと 【みんな生きてる】 のバイオフィルムが使われてる 「さしずめ生きてる服」 ってこれか https://wired.jp/2015/10/29/when-you-sweat/
まぁそれよりも七条アリアが脱ぐことではなく着ることに生き生きした様子を見せるいうのはレアっぽい。
つーかこの4コマも "生きてる" と "生き生きしてる" が被ったダジャレ的な言葉遊びのネタだ。
最近多いよなあ。

最終ページの 【人気スポット】 は8コマ漫画。
同じような普通の女子らしさを見せる轟ネネなのに、何か開幕のネタよりも良さを感じる……?
レアなスイーツを注文待ちしているという普通の女子らしい轟ネネに、謎に興奮を感じてしまう、何故なのか。
性的なこと以外の欲求を見せる姿に良さを覚えるのか……?
そんな訳で来週なのか近々なのかは不明だけれど、三葉ムツミのバイト編や柔道部の対抗試合編が描かれるっぽい。
「星恍女学院柔道部 全国常連の強豪校」 とか柔道部員がシルエットでのご紹介で強そうな登場だー。
"聖光女学院" や "聖光女学園" は氏家ト全先生の作品に名前が出たことある学校だけれど、そことは別の学校である模様。
これは 『生徒会役員共』 でも珍しいガチな柔道アクションシーンとか描かれちゃったりするのかなあ。
ともあれ一味違った展開が来る予感だ。

17.10.25   今週の 『生徒会役員共』 「#446」 感想

・「栗拾い」 とか 『生徒会役員共』 で言われたらド直球なネタが来る予感しかしない、栗とリスが一緒に出るネタとか。
そんな訳で今週の 『生徒会役員共』 感想。
今回 「#446」 は、学園行事として栗拾いに行くエピソードですよ。

扉絵は栗拾いに励む横島ナルコ先生ですが、添えられたアオリ文は 「食欲って、エッチな意味じゃなくて?」 。
やべー確かに 『生徒会役員共』 の登場人物で一番そういうこと言いそうな感じだ。
そして開幕 【テンションが高い4人】 から早速クリのネタかと思いきや、「くりくり」 と言っても乳首の方で来た。
栗拾いならクリのネタだろうって安易な予想を見透かされた感じだ。

2本目 【毛深そう】 で早めにクリのネタが出てくるものの、直球勝負でボケるのでなくほのめかす感じなのがテクニシャンだよねー。
台詞を言う天草シノたちはいたって真面目で、下ネタに繋げてしまうのは横島ナルコ先生という構成が下品さを打ち消すテクでしょ。
氏家ト全先生の漫画の良いところが抽出された一ネタである。
それにしても横島ナルコ先生は、食欲の秋 (エッチな意味で) フルスロットルって感じですね。
説教しようって理由も 「自分はエロいこと我慢して栗拾いをしてるのに!」 ってように穿って見れちゃう。

今週の見所は 【セーフ】 の 「↑親近感」 じゃあないだろうか。
トッキーにとっての七条アリアは、普段どれくらいの距離感の人物なのだろう。
つーかこのドジっ子ぶりに親近感がわくってことは、トッキー自身も自分をドジっ子だと認識してるのだな……!
思わずくだけた言葉になっちゃうトッキーのゆるさにニヤニヤしちゃうよ。
まぁその一瞬だけ湧いた親近感も七条アリアの "鉄パンツ" こと貞操帯にかき消されたわけですが。
ここの七条アリアが 「時カオルさんは貞操帯を知らないだろうから」 みたいな考えで鉄パンツって言葉を選んだのだとしたら、何か良いな……

3ページ目の 【トゲボール】 と 【母の背中】 は、珍しい組み合わせでの会話劇だ。
轟ネネと畑ランコが、三葉ムツミと五十嵐カエデが、下ネタ無しでお話しするよ。
割と別の漫画みたいな味わいがありますね……
こういう下ネタ無しの会話も轟ネネたちの日常でもあるのだろう。
プリンを畑ランコというのも何か意外な感じする。

最終ページの 【笑顔のテーマ】 の畑ランコも、新聞部の活動として写真撮影にいそしんでて新鮮味あるよね。
七条アリアの笑顔プレイと真面目に活動する畑ランコ、一粒で二度おいしいネタというやつか。
そして遠くにいながら撮影に気付いてアピールする津田コトミの良さもあって、視覚的に楽しい。
いやこの2コマ目の写真、ポーズが被ってないしさすが構図が上手であられるなーとか感心してしまう。

ラストの 【後日談】 、普段だったら 「秋の味覚を味わいます」 みたいなエピソードで2本目あたりに来てそうな雰囲気。
つーか細かいけども1コマ目で萩村スズが力入れてるような眉毛の角度してて、おぉっとなった。
スゲェ張り切りようですね……!
そんな力の入れ具合が一気に脱力するオチである、ほのぼの系なのかしら。
見切れてピース決める津田コトミはエプロンしてるのかどうか (クッキングに参加するのかどうか) ?
エプロンが見えないから、津田コトミは食べる段取りだけ美味しくいただいちゃおうみたいに思ってるとも読み取れる構図でしょ。

今週の感想終了。
余談だけれども、週刊少年マガジンの目次ページあるじゃないですか。
今週そこで 「前の週とまったく同じ目次コメントを送ろうとしてゾッとしました。」 とコメントされてる漫画家さんがいらしたのよ。
それで思ったけど、氏家ト全先生は大体いつも一言だけの淡白な目次コメントだけれども、連続で同じコメントにすることだけは ほぼ無い。
やはり氏家ト全先生も、前の週と同じコメントを送らないように注意されているのだなあ。

17.10.18   今週の 『生徒会役員共』 「#445」 感想

・やったぜ! 今週の 『生徒会役員共』 の感想だ。
何が 「やったぜ」 なのかと言えば、1ヶ月以上溜めてしまっていた毎号の感想を今日に一気に書き上げたからである。
読む人にとっては関係ない話だー。
しかも今週の週刊少年マガジンでは、『ベイビーステップ』 がもうすぐ最終回だと判明するショッキングなニュースもあったし。
全然 「やったぜ」 じゃあなかった。

つーか今週になって気付いたのだけど、週刊少年マガジンの編集長が2017年9月1日付で交代となってたそうな
菅原喜一郎さんから栗田宏俊さんに代わっている。
両者の編集スタンスの違いとか分からないし、分かったからって何か出来ることがあるわけでもないけどさ。
もしかして週刊少年マガジンの編集部員が急にYouTuberを目指しだしたのも、新編集長の方針なのか?
実は週刊少年マガジン公式のYouTubeチャンネルでは、メントスコーラだの高級すき焼きを食べる動画だのが公開されるようになってるのよ。
一体どうした……? とは思っていたけど、理由は編集長交代だったりするのかもしれない (しないかもしれない)

まあ 『生徒会役員共』 にとっては編集長よりマガジンの現 (?) 副編集長の方が重要な気がしないでもないが。
マガジンの現 (?) 副編集長の千葉素久さんは、氏家ト全先生と最も付き合いが長い担当編集者さんであるので。
この方は他にも、同じく10周年を迎えた 『ベイビーステップ』 の担当者としても有名で……って 『ベイビーステップ』 もうすぐ連載終了だろ!
担当編集者だけで漫画の連載が決まるわけではないし、まあこの文章の憶測ももう過剰な範囲に入って来てるしここらで切り上げ。

そんな訳で、今週の 『生徒会役員共』 感想。
今回 「#445」 は、スポーツジム回!
天草シノたち生徒会メンバー + 津田コトミがスポーツの秋を堪能だー。
堪能というか、下ネタもあまり挟む暇がないほど精進する。

開幕 【へそ出し会長】 、普段ならあるスポーツジムへやって来た背景説明がなくて簡素な始まりだ。
まあそのスポーツジムへ来た理由は後々明かされるわけですけど。
おへそが赤くなるほど洗ったのは、津田タカトシに見られて良いためなのか一般的な身だしなみの範囲でなのかどっちなのだろう。

身体が柔らかい様子って描きようによってはそこはかとないエロさを醸し出せるような気もしますが。
3本目 【パンパンボディ】 は七条アリアが抜群の身体の柔らかさを見せるも、どうもエロさは少しも無い。
エロさよりも変な姿勢の面白さの方が前面に出てきてるヨガの姿勢だな……

次の 【伸びたいスズ】 、エアロバイクが出てきてるな。
以前ちょっと気になった 「氏家ト全先生の漫画で登場人物が自転車に乗っているシーンは一度でもあっただろうか?」 という疑問、
とりあえず、自転車ではないがエアロバイクなら萩村スズが乗っていた、という答えを出しておけそう。

競泳水着の表面を指先でなぞるって何かフェチの人が喜びそうなシチュエーションな気がするぞ。
それながら 【さめ肌】 は何か別にエロっぽくは無いし下ネタなのに下ネタっぽさも薄いような。
何だか今週は、セリフの密度が薄い……とでも言うのか?
最低限の説明セリフしか無いような気がする。

【神秘のおなか】 は津田タカトシの立派な腹筋が明らかに。
贅肉が無く引き締まっているどころかきっちり割れてる。
運動部に入ってるわけでもなく、夏休みとかにはだらけた生活送ってるっぽいのにスゲェ。
鍛えるときは鍛える系男子なのか。
天草シノの赤いへそのお腹より、津田タカトシのお腹の方が印象に残る回になっている。

ラスト 【先にやる派】 ではスポーツジムを訪れた理由が明らかにというか、来週の学園行事予告がなされたり。
桜才学園では来週に栗拾いが開催されるらしいということで、来週号の内容はどうやら栗拾いであるらしい。
白い絵の具を飛ばしてしまう "写生大会" ばりのベタな展開として、リスがクリと一緒に出てくる展開とかありそうな予感がする。

今週の感想終了。
うーむ、もうずっと気にすることの無かった 「単行本の区切りとなる話数」 を数年ぶりに気にしてしまう。
マガジン連載の漫画は基本的に必ず単行本がでるので、もしも連載が終わる場合は単行本1冊にキリが良い話数となるはずなので。
記事冒頭の編集長交代の話がやっぱり気になっちゃってさー。
『生徒会役員共』 は1巻約30話で 15巻は 「#425」 まで収録だから、次の区切りは 「#455」 頃か……
いや何事もないとは思いたいけどさ。

17.10.11   『生徒会役員共』 「#444」 感想

・これまだどうにか1週遅れの 『生徒会役員共』 感想か。
古い方から書いていると相当新しい回のように感じてしまう。
いや今まで大体毎週発売日から1週間以内に書いていたのだし、遅い方なのだけど。

そんな訳でこの回 「#444」 は、汚れ特集なエピソードと言えそう。
2,3ページ目が汚れ……っていうか汚物的なネタにまとまってるぞ。
スカトロという程ではなくて、児童向け雑誌の下ネタな範囲に収まっているから苦手な人も安心。

開幕 【いっちょヤってみる】 の七条アリアが真面目な表情でこれを質問するのがとても良い……!
「児童が本気で遊ぶとき、その顔は笑顔ではなく真顔だったり真剣な顔をしている」 みたいな話を聞いたことがある。
この七条アリアはそれを彷彿とさせて、完全に大マジなのだろうなと伝わってきて最高。
七条アリアを代表するネタの1つじゃないかと思う。

2本目のサブタイトル 【トッキー‥‥】 は、何か普段と違って神の視点からトッキーに思いを馳せるようだよね。
一体どうした。
津田コトミの 「友人が大きい方を漏らしたときのリアクション」 としてはオチが平然としすぎていて、逆にビビる。
津田コトミは、友人が大きい方を漏らしたときに焦らず騒がず落ち着いて適切な処置を取れる子、という説明描写なのかしら。

汚れに関するネタの中でも 【闇の妹】 だけは厨二病ネタである。
いや 「汚れた足」 というファクターに注目すれば、あるいはそういうフェチにはご褒美たりえるネタか!?
でも実際には足は汚れていなかったわ、どうしようも無かった。

トイレで小さい方を済ませた後に手を洗わない人がいるという 驚愕すべきえんがちょな事実もありますが。
【えんがちょ】 は、横島ナルコ先生のドジっ娘では済まされない下ネタが来た。
あらゆるプレイをこなしていそうな横島ナルコ先生でも、スカトロ (大) はご勘弁なのかー?
まあトイレットペーパーは36枚重ね未満では大腸菌が浸透しているという実験結果 (1991年) もありますし。
大事なのは紙で拭いた後に手をよく洗うことであるようだ。

トイレでの排泄音、とか普段の氏家ト全先生の漫画ならエロい下ネタとして扱われる要素なのに!
【歯磨きをする古谷さん】 は、古谷サチコが歯磨きをしておぇ〜っとなって、天草シノが誤解するというだけのネタ。
何かこれ普段の 『生徒会役員共』 だったらボツになってそうなネタな気がする……何か違和感あるなあ。

最終ページの2本は公然露出ネタというつながりを見出せそうか?
【JKスカート】 は、五十嵐カエデと畑ランコのネタ。
畑ランコが発行する校内新聞にはこういうオシャレの小技みたいなのも載ったりしてたのかー。
そういや女子高生のスカート丈は関東では短い方がオシャレで、関西では長い方がオシャレとはよく耳にする。
やっぱ氏家ト全先生は宮城の出身だし講談社は東京にあるしで、やはりそういう価値観なのだろうなーとか思った。

ラストの 【両手がふさがっています】 、ちょっと誤解してビビったよ。
魚見さんが開けてもらおうとしてるドアは、津田家の廊下からリビングに通じてるドアだよね。
一瞬さー、玄関のドアを開けてもらおうとしてるのかと思っちゃった。
それだったら魚見さんは全裸で外を歩いて来たのかよ! ってことになっちゃう。
さすがにそんなプレイをする登場人物は 『生徒会役員共』 にいるわけが……ないとは断言できないのが困ったところだ。

17.10.04   『生徒会役員共』 「#443」 感想

・2週間以上遅れでの 『生徒会役員共』 感想となってしまいました。
これきちんと昔の回から順に感想を書いているので、遅れた理由とかまた書いてもな……という感じか。

それはともかく、「#443」 の 『生徒会役員共』 感想。
この回は明確にテーマがあって、それは桜才生徒会メンバーが飼っているペットである。
萩村スズは犬のボア、七条アリアはエティエンヌなどの猫たち、津田タカトシも猫のムラサメ君を飼っている。
じゃあ、天草シノが飼っているペットと言えば……?
いないのよなーそれが。

開幕 【ペット談義】 は普段通りの下ネタボケとツッコミのようで、違うところが1つあった。
それが今回のテーマであるペットの話。
登場人物4人が1人1コマ使って喋るおそろいな構成ながら、天草シノだけが下ネタを話して仲間外れ感がよく出てる。
つーか七条アリアでも下ネタに乗ってこないことあるんですね……

2本目 【さみしいのだ】 にていよいよ本格的にペットの話題に。
本格的に、と書いたけどオチのボケは 「七条アリアにとってのペットとは?」 ってなっちゃう空気読まない下ネタだけど!
「〇〇のだ」 って語尾のサブタイトルは天草シノらしさがあって好き、このふくれてる1コマ目ともベストマッチでしょ。

3,4本目の 【マイルームペット】 と 【サイレントタイム】 は色々とヤバくないですか!?
七条アリアと天草シノのソロプレイ (下ネタ的な意味で) の事情がほのめかされたり明らかになっちゃったりしてますよ!
「私は声を押し殺してする派だ!!」 という恥ずかしボイスがインコには覚えられずとも津田タカトシが覚えちゃうよ。
そして天草シノと七条アリアの間柄でも、そのときの声がどうとの情報は共有してないのだなーって分かっちゃうのもエロい。
少年誌の限界に触れていそうな下ネタなのではなかろうか。
ハムスターのネタでもさー、七条アリアはペットの前ではそういう事をしていないってのも分かる発言であろう。

天草シノ10歳児という貴重な映像も登場する 【心配性】 、描かれるのは割とリアルな亀である (下ネタ的な意味ではなく) 。
続く 【深く想う】 はネタとして好き。
この権藤リキゾウ学園長の登場や、津田タカトシの意味深でそうで実はそうでないこのセリフの雑な適当っぷり、それに対する天草シノのリアクション!
ちょっと面白すぎるでしょ。

ラストの 【かめさん】 は、ふたなりジャンルに分類できるのかどうか?
分類するならこれ系統のネタは、氏家先生の過去作品から通して10本目くらいになりそうな気がする、どうだったか。
つーかこのオチの 「NO」 と一言だけで切り捨てるツッコミの選び方が上手いよねえ。
まあそんな訳で、桜才学園の池に住む亀の 「亀吉」 と天草シノとの触れ合いのエピソードである。
亀吉はペットにはならないが、天草シノは亀吉の学園長公認の飼育係となって触れ合えることになったわけですよ。
心温まる系の展開というやつか。
まあ七条アリアの下ネタがそのほのぼのさを中和していく読後感ですけども。

17.09.27   『生徒会役員共』 「#442」 感想

・20日以上遅れでの感想となってしまいました。
つーか9月20日発売号の週刊少年マガジン以降の感想は、10月21日になってから一気に書いているものです。
おいおい遅れ過ぎだろう、とはこれ 「#441」 の感想にも書いたけど。

そんな訳で 『生徒会役員共』 「#442」 の感想。
扉絵はアオリ文も含めて何やら乙女チックな三葉ムツミである。
最終ページの2本とも三葉ムツミのネタだが、今回は最終ページと扉絵は無関係なシチュエーションだ。

開幕 【ごめんなさい】 は、どうも最近また出番が増えつつある気がする大門先生が準主役なネタ。
大門先生と津田コトミとは妙な取り合わせ……ではなかった、柔道部の顧問と柔道部のマネージャーなら何も珍しくない。
次の 【隣りの存在感】 は 「すみません遅れましたっ」 ってセリフで始まるから、謝罪ネタが繋がってるのかと思った。
全然別のネタだった。
下ネタとはいえ男子トイレ内には詳しくなくて変な妄想をしてしまう七条アリア、というのは何か意外な味わいがあるなあ。
いや下ネタでも男性同士の行為というのは七条アリアの範疇外、ということか。

氏家ト全先生によるアニメキャラやらゲームキャラっぽいキャラデザというのもたまに垣間見えるわけですが。
【ネネコレ】 と 【中古のロマン】 ではそれっぽいフィギュアが数点で出てきた。
陳列されてるフィギュア、元ネタがありそうでなさそうで気になるが……
詳しい人が見ればパロディかそうでないかとか分かるのかなあ。

フィギュアはともかく、セリフ的には天草シノの 「他人の肛門に入ったモノは嫌だから?」 がド直球なワードでビビれる。
さすがに天草シノもこれは口に出さず、脳内で思うだけのセリフだよ。
つーか大きめなフィギュアをお尻に入れるというプレイは、轟ネネの数々の振る舞いの中でも少年誌の限界を突き破ってそうな気がするが。
「なぞのヨゴレ」 とか言ってる場合ではない。
男性向けフィギュアどころか女性向けフィギュアであっても中古で買うべきではなさそう、という迫力がある。

最終ページの主役は三葉ムツミ。
【ドジコンボ】 、『生徒会役員共』 に三葉ムツミが初登場したときのアオリ 「※髪型とキャラを変えた天草シノではありません。」 を思い出しちゃう。
つーか三葉ムツミには 「すみません‥‥」 と謝るトッキーが良いよね。
他にも何気にいる中里チリが何か良さがある、このネタは本筋よりそれ以外に楽しさがあるようだ。
ラストの 【ピュア論】 、そうか津田タカトシは三葉ムツミの髪をおろしたところ見たことないのか。
というか津田タカトシどころか読者もまた髪をおろした三葉ムツミを見るのは初めての事ですよ。
まあそれよりも、振られても諦めず再アタックするという発想に三葉ムツミの恋愛観を見た気がした。
失恋してもあっさりサバサバではなさそうな発想に思える。

17.09.20   『生徒会役員共』 「#441」 感想

・うわー1ヶ月以上遅れてるじゃないの。
これを書いているの発売から1ヶ月以上経ってのこととなってるよ、遅れすぎである。
こうも遅れたのは最近再びプレイしていたジョジョASBのため……だけではないのがつらいところなのだけど。

それはさておき、もう1ヶ月前の回ですが 『生徒会役員共』 感想。
「#441」 といえば、森さんがクレープを食べる扉絵が印象的なお話しだ。
森さん関連以外のネタは特に繋がりがない日常回というかアラカルト的なお話というか。

開幕 【スーハースーハー】 は、あくびのお話。
どうやら生徒会業務中なのに津田タカトシが大あくびだ。
大口を人前で開けることについて七条アリアがボケてくるかと思った。
あくびが出る理由には諸説あるようですが、脳をどうにかするためというのは信憑性がある理由らしい。
さすが博識な萩村スズだよと思ったら、そこに天草シノが下ネタ的な知識で対抗してくるスタイルだー。
これで津田タカトシの呼吸量が増えたらいやだなw

津田家の新しい家族である猫ちゃん (ムラサメ君) 、完全に馴染んでるみたいね。
【ライトフィンガー】 では目立つ位置にムラサメ君がいるのに、津田タカトシたちの視線はテレビだ。
構っているのは魚見さんだけで、もうムラサメ君は津田家にいることが当たり前になってるっぽいねー。
いやそれを言ったら魚見さんが津田家で普通にテレビ見てる事態がまず馴染みすぎだったわ。
この津田タカトシの落ち着きよう、家にいるのが家族だけのときしか見せないゆるさでしょ。

何か優雅な 【華の時代】 というサブタイトルでオチがこの下ネタとはすごいギャップだ。
出島さんの開発関係 (肛門を) の仕事について語られたネタでもあるわけですが、思ったより大規模開発だ。
物理的なレベルの開発に及んでいたのか……
天草シノが下ネタに乗らず引いてる感じなの良いよね、天草シノと七条アリアの違いが分かる感じだ。
"下ネタ抜きにバラの話題をしたい" というのが天草シノにはあるのだなーっつーか。
橋高さんがツッコミ役になってるのは珍しい。
橋高さんが七条家の執事になる前の職業は不明なわけですが、そういう職業だったと思われるのは嫌みたいねw

最終ページの 【ないしょの買い食い】 と 【心の準備が】 は、津田タカトシと森ノゾミの話。
ツッコミ役が2人だけでお話をすれば、何も起こらず平穏なやり取り……でもなくドキワク展開だ!
何かもう、津田タカトシが他の女子相手には見せない "同等な関係" みたいな態度とるのがウオオーってなっちゃう。
森さんも何そんな魅力的な態度を見せるのか……!
ここでこの 「これで共犯だね」 という態度を取れる女性登場人物は、生徒会メンバーにはいないしさー。
天草シノだったら問題を解決したり、魚見さんだったら見逃すのを貸しとして作業をやらせたりとかしそうでしょ。
森さんならではのセリフだ。

ラストのオチも津田タカトシの天然鈍感さが絶妙にナイスな方向に働いてるし。
今回の見所たるネタはこの最終ページの2本でしょ。
そしてラストのネタよりも未来の展開が扉絵に描かれているというのが上手いよなー!
扉絵が後日談 (というかラスト直後) の状況だと後で分かる仕掛けだよ。
この扉絵の森さんの前には同じくクレープを食べてる津田タカトシがいるってことじゃないですか……!!
あるいは 「ツインクレープだからやっぱり2人で食べることにしたのだ」 という妄想も可能だ。
氏家ト全先生は業師だなー! 実に上手な展開だわあ。

17.09.15   『生徒会役員共』 15巻とOAD付き限定版15巻内容紹介

・現状感想を書くのがだいぶ遅れ気味となっておりまして、これを書いてるのも10月になってだとさ。
さて、2017年9月15日には氏家ト全先生の単行本、『生徒会役員共』 第15巻が発売されましたー! 素晴らしいことです。
更に15巻ではOAD付き限定版も同時発売。
これらの詳細を以下にまとめた。

まずはコミックス15巻の収録内容から。
週刊少年マガジン掲載分の収録は、「#395」 から 「#425」 まで。
桜才文化祭の準備でラテアートを作ったりする話から、三葉ムツミやトッキーの露出がある話までだ。
15巻の大きな見所は、英稜生徒会の4人目である広瀬ユウが初登場したことだろう。
初登場時は魚見さんと青葉さんの2人だった英稜生徒会も、今では桜才生徒会と同じく4人体制に。
これだと単行本の登場人物紹介ページもスペースが足りないのでは!?
よって15巻では人物紹介ページも3ページに増えるだろう……と思っていたのだが、2ページのままだった。
一番新しい登場人物は森さんのままだよ。

そうそう、フルネームが劇場版で判明した登場人物が複数いたじゃない。
彼女らの名前が15巻の人物紹介ページでどうなったかと言うと、古谷さん以外フルネームで紹介されている。
時さんは 「時カオル」 だし、森さんは 「森ノゾミ」 だよ。
15巻の紹介ページが作られたとき、古谷さんには下の名前が付いていなかった、ってことなのかなあ。
古谷さんの名前はなかなか決まらなかった、みたいな事情があったりするのかも。
でも15巻限定版に付属のOADでは、古谷さんは古谷サチコとフルネーム表記だな……謎だ。

15巻では巻末おまけとして、高校生映画コンテスト出展作品についての1ページ漫画が描きおろされている。
2017年7月に公開となった劇場版について語る内容かと思っていたが、そんな事は無かったぜ。
それにしてもこの高校生映画コンテストのエピソードが、こうもあっさり終わってしまうとは……!
コンテストに天草シノたちが随伴する展開とか本編で描かれると思っていたよ。
この1ページ漫画でも映画のあらすじがちょいと語られるだけだし。
意外だ。

15巻の表紙は通常版が天草シノ、限定版が時カオル。
限定版でとはいえ生徒会関係者以外の登場人物も表紙になるのは素晴らしい。
9巻表紙で天草シノが2度目の登場を果たした時には、あっこれ出島さんとかは表紙にならないパターンだ! と思ったのに。
このまま巻を重ねれば、青葉トオリが表紙の4コマでメインを張る日さえ来るのかも?
期待しちゃう。

カバー折り返しには、作者コメントと描きおろしキャライラスト付き。
15巻の描きおろしキャライラストは、広瀬ユウだ。
ちなみにカバー下は、表紙・裏表紙と同じ絵。
氏家ト全先生の作者コメントは、次の通り。

「生徒会役員共」が始まってはや10年。
編集さん・アニメスタッフ・声優の方々
多くの人達によって育てられた作品だと思います。
そして、読んでくださってる全ての人に感謝!

やっぱ今年の単行本のコメントは劇場版の話になるよねえ。
いまや単行本が数十巻も刊行される漫画さえ珍しくない時代となりましたが、やっぱ 『生徒会役員共』 あらためて凄いよ。
10年以上連載が続く4コマ漫画がどれだけあるだろう?
単行本が10巻以上発売されている4コマ漫画がどれだけあるだろう?
アニメ化、劇場版映画化された4コマ漫画がどれだけあるだろう?
いつもマガジンに載っててOVAも定期的に見れるのが普通のような感覚に陥ってしまうけど、いやいやこれは途轍もないことなのよね。
すべては氏家ト全先生の努力の結晶ですよ!
最も感謝されるべきは氏家ト全先生です。

そして16巻の発売予定については、劇場版 『生徒会役員共』 DVD付き限定版 第16巻 2018年3月16日 (金) 発売とのこと!
そう、16巻には新作OADが付かない。
付いてくるのは劇場版のDVDだそうで、いつものパターンとは違うのよ。

劇場版のBlu-rayは、まあ来年にでも単独で発売になるのではと予想する。
それよりもっと重要なのは、『生徒会役員共』 のアニメは15巻OADで最後になるかも、という可能性を見据えて制作されてたってことでしょ。
こう思う理由は15巻限定版OADなので、詳しくはこの記事後半のOAD感想で書く。
でもともかくさ、「劇場版の興行成績次第では3期もある」 という公式発言の言外には 「興行成績次第ではアニメはこれで終わり」 もあったはず。
当たり前なのだが、それを改めて実感してしまうOADの動向だった。

なお、15巻には店舗別の購入特典が無かった。
劇場版関連のあれこれで氏家ト全先生が多忙だったのかも。

ほか、いつもなら単行本化にあたっての変更点も挙げているところですが、今回は後日にということで……

・最後に、『生徒会役員共』 15巻限定版に付属のOADをご紹介。
OADジャケット表紙は津田タカトシと天草シノ。

OADの収録時間は、およそ30分。
『生徒会役員共*』 第22話と銘打たれているOADだけあって、TVアニメ1話分だ。
14巻限定版でのOADは第19話なので、第20話と第21話はどうしたのかと思いそうですが、劇場版が第20話と第21話扱いなのよね。
TVアニメのBD/DVDには ピュアver.(P音あり) と思春期ver.(P音なし) の2種類があったが、
OADの内容は思春期ver.のみにつき、OPの轟ネネのバイブのモザイクは無いし、ピー音で伏せられていない言葉も多い。

感想。
まず、オープニングのスタッフ一覧から千葉素久さんの名前が消えている!?
プロデューサーとして名前が挙がっているのは、古川慎さん、伊香淳一さん、須藤孝太郎さんだ。
須藤孝太郎さんは、キングレコードのプロデューサー。
伊香淳一さんは、担当編集者の1人だろうマガジン編集部の方。
古川慎さんは、ちょっと検索したけど情報が見付からなかった。
氏家ト全先生の担当編集者さんである千葉素久さんの名前が無くなったということは、担当が交代になったのか?
今までは名前がずっとあったものなー。
そうすると、これからの 『生徒会役員共』 には何かしら今までと違う要素が出てくるのかもしれない。
サブタイトルのフォントが変わったのも、その影響なのかも。

次に目に付くのは、普段のOADとの画質の違いだよねえ。
「あっ、これ劇場版用に製作しておいたけど採用しなかったシーンや作画なのだろうな」 というクオリティのシーンが多い。
あるいは15巻OADまで劇場版のクオリティを続けてくれたのかも。
とにかく、線の繊細な感じやら、光が透過してのグラデーションとか、麗しい見た目になっているシーンが多い。
背景に使われてる校内ポスターも劇場版で初登場したものが使われている。

そういうわけで、もうOADの内容は完全に劇場版の続きだ。
劇場版を見ていることが前提のネタもある。
「劇場版臨海学校のつづき」 なんて状況説明も出てくるし、ED後のDパートは劇場版の後日談だ。
まあ、劇場版から入る人はいても、この15巻OADから入る人もいないだろうし、良いのかなあ。

また、劇場版では一度も出番が無かった青葉トオリもアニメで動く!
喋って動きはしない、動くだけだ (セリフが無いので) 。
ほんの一瞬 数秒程度の出番だけど、ここが一番15巻OADでテンションが上がったシーンだな。

劇場版にも似たようなシーンがあったが、萩村スズがやたらと真顔なシーンに笑った。
森ノゾミが桜才プールの水中で目を開ける練習するシーン、萩村スズだけ変に真顔なのよ、顔半分プールに浸かってるのに。
何がおかしいか自分でも分からないけど、これが面白くて笑った。
劇場版の清掃活動シーンの真顔萩村スズとの天丼ギャグだろうから、笑えるシーンのはず。

あとはコトミとトッキーが劇終で終わるのは良かった。
そういや氏家ト全先生の漫画で中華的な要素って目にした記憶が無いな……
他、魚見チヒロのアルバイトシーン、単行本10巻OADでは 「魚見」 だった名札が 「ウオミチヒロ」 に変わってて細かい。

そういや原作からセリフが大きく変わったネタが一箇所あるわけですよ。
単行本9巻 「#232」 の 【カラーリング】 、七条アリアがノーパンのように見えるタイツを履く話。
これ、七条アリアの好きな色が 「肌色」 から 「薄だいだい色」 に変わってる。
薄だいだい色がどういう色かと言えば、日本では一般的に肌色として知られる色ですね → https://kumiawase.com/color/colors.php?cmyk=M10Y20
肌の色は人種によって違うから肌色という呼び名は置き換えよう、という近年の配慮がここにも及んでいた。

ED後のDパート。
劇場版と同じシーンから始まったかと思いきや、劇場版の後日談で。
津田タカトシの凄い顔が見所じゃないかと思う。
劇場版で不明だった最後のセリフも明かされるし。

問題は一番ラストの終わり方でしょ。
天草シノと津田タカトシが2人きりの放課後に、下ネタを通じた2人の関係に言及されて!
『生徒会役員共』 のロゴと共に、「おわる?」 の文字が表示される。
これ完全に区切りをつける気満々のやり方じゃあないですか!
つまりさ、劇場版の興行収入次第ではTVアニメ3期どころかアニメはもう終わり、って予定で動いてたってことでしょ。
16巻限定版OADに付くのが新作アニメでなく劇場版であるのもそれが原因だよね。
制作終了するかもしれないのだから、一旦ここで様子見としましょうってやつで。
普段なら単行本新刊の発売直後に次巻の予告に切り替わるDVD付き限定版公式サイトも、15巻限定版で止まったままだし。

……劇場版の興行成績、関係者にとってどうだったのだろう……
ミニシアターランキングを1位・1位・2位・2位と推移してたし、この期間だけ全国的に映画館に人がいなかったみたいなこともないだろう。
3期へのGoサインが出たかはともかく、OADは引き続き継続のラインは超えてると思いたいが……

とりあえず15巻の感想はそんな感じです。

17.09.13    『生徒会役員共』 「#440」 感想

・もう約2週間前となる号のマガジンでの 『生徒会役員共』 感想です。
既に単行本15巻も発売しておりますが、15巻の感想やらその後の 『生徒会役員共』 感想も遅れる見通しです。
うわー早く書きたいとは思っているのだけど。

そんなわけで、しばらく前の 『生徒会役員共』 感想。
この回 「#440」 は、七条家が経営しているフレンチ店に覆面調査で訪れるエピソードですよ。

その筋の人には大変よろしく感じる扉絵が登場だー。
この回の扉絵に加えて、本編も七条アリアは伊達メガネをかけているぞ!
七条アリア眼鏡っ子回である。
『生徒会役員共』 は、裸眼の登場人物でも眼鏡をかけることがよくあるタイプの漫画なのよな、フェチにも優しいよな。

それにしても今回は出島さんのメガネ姿を拝めるかとも思ったのに……
開幕 【覆面隊】 を読むに、覆面調査は本来出島さんのお役目だったそうじゃあないですか。
それならついに今まで一度も描かれたことのない出島さんのメガネ姿が見れたかもしれない、という眼鏡未遂ですよこれは。
天草シノたちはメガネをかけたことがあるのに、出島さんだけはメガネ関連のエピソードが来ないのは何故なのだろう……

天草シノたちが 「七条家が経営する店への覆面調査」 を覆面プレイかもと警戒するのは笑った。
七条グループがそういう店まで手広く運営してるのかも、と思わせるだけの迫力と天然さが七条アリアにはあるよね。

続く 【アリア君】 では早速そのレストランへと天草シノたちが訪れたわけですが!
ここで見るべきは萩村スズの服装でしょ、過去の話でも着用していた黒セーラー服をまた着てきている!
こう特徴的な私服が何度も出てきたことってあったっけ?
フォーマルな服装が求められそうなフレンチ店にも着てきて良い服なのな、という発見もあった。
どうやらこの黒セーラー服は、萩村スズお気に入りの一着であるようだ。
うーん……これは完全な妄想だけど、実は萩村スズが通った中学校の制服みたいな裏設定とかは無いだろうか?
いやでも、萩村スズは昔の学生服とか外へ着て出歩くような性格では無さそうだよな。

書き忘れたけど男装した七条アリアのイメージ図も 【アリア君】 で一瞬だけ見れる。
この策が実行されてたら、サラシをきつくしめなきゃらならず食事が入らない、みたいな展開になってそうですね。

氏家ト全先生の漫画としては珍しいド直球ストレートな下ネタが来た。
いやまあ、ド直球でもツッコミで上手いこと見せられるのが氏家ト全先生の手腕なのだけど。
【幸の恵み】 は料理名の "海のミルク" がそのまま下ネタとして使われる。
たしかにこれはいくら 『生徒会役員共』 の登場人物でも酔っている横島ナルコ先生くらいしか言わなさそう。
【コロコロ】 は、ワインの銘柄が "SHIKOSHIKO WILDE" 。
うどんのようにシコシコとして しかもワイルドな味わいのワイン……というわけではなく、普通に下ネタだよな。
まあ掘り下げて考えるなら、世の中には "キンタマーニ高原" のように日本語では下ネタに聞こえる地名もあるわけで。
つまりこの店も七条家の経営なのだし、日本語では下ネタになっちゃう銘柄のワインをわざわざ取り揃えてある、という説はどうか?
作中ではよく見えない店名も、実は歴史上の美女の名前にあやかって "シモネッタ" だった、という可能性もあるかもしれない。

最終ページの 【姓】 では七条アリアの存在をばらしかけちゃう横島ナルコ先生が見所よなー。
このネタ自体はラストのネタへ繋げるためのものとはいえ、酔っぱらってのダメな大人を見せる立ち位置に収まっちゃってる。
柱のアオリ 「横島先生の酔いがこの程度でようございました。」 は割とそう思った。
昔に横島ナルコ先生が天草シノたちと外食したときは、店内で酔い潰れてガチで寝ちゃったりもしてたしな……
ラストのネタで横島ナルコ先生がきちんと姿勢良く立っていることを確認できるのは、何気に安心ポイントだ。

ラストの 【たま】 は、おぉっと唐突に津田タカトシ×七条アリアネタでござい。
津田タカトシが目に入ったから名前が出ちゃったし、たまが目に入っちゃったらからたまたまたまなようだ。
まぁたまたま目に入る位置関係では無いよね……やはり苗字が変わるなら津田でとか妄想してたりするのかしら。
たまたまたまたま ではないのは、七条アリアにとってはたまは2つで1つというカウントなのだろうか (この読み取り方必要か?)

17.09.06   今週の 『生徒会役員共』 「#439」 感想

・今週の 『生徒会役員共』 では、氏家ト全先生による3度目の格ゲー描写が出たぞ!
格ゲー対戦シーン2度目の 「#431」 から今回の3度目までは、2ヶ月弱の短さだ。
大変よろしい。
そんな訳で、今週の 『生徒会役員共』 感想。

今回 「#439」 では4コマ7本中2本にキス、1本に耳舐めプレイが含まれるのでキス回とも言えるかもしれない。
まぁそう言ったら2本は横島ナルコ先生ネタだし2本は五十嵐カエデネタだけど。
おっ、つまりは色々なテーマを楽しめる複合的な回という話にもなりそうだな。

そんな訳で、開幕 【ちゅっ】 はキスの雑学。
友情のキスだからと言って、天草シノと七条アリアがキスしあうわけではなかったよ。
天草シノと七条アリアならふざけてキスしあった過去もあると思うのですが君はどう思うか! (知らんがな)
なお、【母なる大地】 にある "おへそへのキス" は、さすがに意味は設定されていない模様。
それなら自分で意味を持たせて行ける事由が残っているということでもあるじゃあないの。
各位好きな意味をおへそへのキスに持たせよう。

格闘ゲームで対戦する様子が描かれているのは 【塩分多め】 。
対戦シーン初描写回と同じく、トッキーと津田コトミが対戦しているぞ。
津田コトミたちの後ろにムラサメ君 (津田家の飼い猫) がいるということは、これ津田コトミの部屋か。
以前に対戦してた回の様子では、津田コトミとトッキーだとトッキーの方が格ゲーに手慣れていた。
だからてっきり津田コトミがトッキーの家に行って対戦してるものかと思っていたよ。

津田家での時さんといえば、劇場版での姿勢正しく行儀よく座っているトッキーが印象的だった。
でもここでのトッキーは、あぐらで猫背なのよね。
つまり津田家であっても津田コトミの前でだけ見せるリラックスした姿とも言えるのでは!?
オチの津田コトミのボケも、津田タカトシたちがいる前ではきっと言わないだろうし。
この2人が2人だけでいるときにしか見せない姿ってことであり、良さがある。

つーかこの格ゲーキャラ、以前の格ゲー描写にも登場していたキャラでは。
髪型は同じだしコスチュームも似通っているし、拳で闘う系のファイトスタイルも同じだし。
同じシリーズの格ゲーであるようだ。
実に素敵なこだわりである。

ふと気付いたけど、こういうツインテ―ル女子って氏家ト全先生の作品中でよく出てくるような?
作品中でのリアルな登場人物としての登場ではなく、作品中のゲームや漫画のキャラクターとしての登場で!
ちょっと気になったので比較してみたよ。

氏家ト全先生お気に入りなのかツインテ―ル

画像は左上:格ゲーキャラ、右上:ネトゲキャラ、左下:アニメ (?) キャラ、右下:格ゲーキャラ。
ツインテールという共通点だけで抜き出してみたが、こうしてみると割とどのキャラも似ているような?
氏家ト全先生お気に入りのデザインなのだろうか……
なお、別にツインテールじゃあないキャラもいる。かつてイメージイラストに登場した姫騎士とか。

次の 【盛り場】 は桜才学園の教師陣の飲み会っつー場面であり珍しいですね。
なかなか気になるシチュエーションだけど、それより横島ナルコ先生の下ネタに笑った。ド直球すぎる。

最終ページ2本は五十嵐カエデが畑ランコやヨシくんナオちゃんに翻弄されたりだ。
【あーいえばこーいう】 は、むしろ五十嵐カエデより畑ランコの方が気になっちゃうよ!
「津田」 と 「津田君」はどういう基準で使い分けるの?
どちらが畑ランコ自身にとって自然な津田タカトシの呼び方なのか。

ラスト 【仲むつまじそう】 はキスネタにカウントする扱いであろう。
耳にするキスの意味は 「誘惑」 らしいが……耳舐めに適用されるのかは不明だ。
誘惑っていうよりこれもう完全に前戯ですよね。

今週の感想終了。
もう来週には単行本15巻が発売である。
劇場版の余韻に浸っているうちに次の攻め手が速い。

17.08.30   今週の 『生徒会役員共』 「#438」 感想

・おいおいおいおい、今週の 『生徒会役員共』 には新たなる登場人物が登場だー!
「苗字まで明らかになったけど再登場する機会はあるの?」 って感じではあるものの!
何と、氏家ト全先生の過去作 『プチプチたんたんプチたんたん』 のある登場人物を想起させる外見だよ!
こりゃたとえ脇役であったとしても ちょっと気合いを入れて注目しなければなりますまい。

そんな訳で、今週の 『生徒会役員共』 感想。
今回 「#438」 は、萩村スズと津田タカトシがいきつけの動物病院を訪れるエピソードだー。
萩村スズは愛犬のボアを、津田タカトシは先日から飼い始めた猫のムラサメ君を診てもらいに訪れるぞ。

扉絵も開幕 【インテリ犬】 も萩村スズとボアが行く。
犬を飼っている人の話では、動物病院に行くのを嫌がる犬のため通る道を変えたりするとかマジにあるらしい。
4コマ目の嫌がって足を突っ張るボアが表情豊かで良いなあ。

津田タカトシ的にはペットを飼ったら萩村スズとの新しい繋がりが出来た感じなのかしら。
七条アリアとも飼い猫のあるある話とかしてるのだろうし。
七条アリアの飼い猫たちは専属のお医者さんとかに診てもらっていそうだから、動物病院繋がりなのは萩村スズだけかも。
いずれにしても、津田タカトシの世界も 『生徒会役員共』 の世界観も広がった感じだわ。

今週の見所の1つは、【心の友】 での津田タカトシのセリフ 「ワクチンの時以来だけど」 じゃあないかと思う。
これさ、氏家ト全先生の "物事はちゃんとしておきたい" 的な気持ちの表れによるセリフじゃない!?
"作中に描かれなかったものの、猫を飼い始めたらワクチンを接種させる必要があり、津田タカトシはきちんとワクチンを摂取させました" と分かるわけですよ。
この4コマが成立するためには全く不要なセリフと切り捨てることもできるのに!
津田タカトシがペットを飼うにあたっての心構えがちゃんとしていることを表すためのセリフだよ。
僅か一言だが、素晴らしさが増すセリフであろう。

そんな訳で 【ご立腹】 では、入江動物病院の入江先生が登場だー。
『プチたん』 に登場した獣医さんの山伏マルミ先生に似ていますよね???
顔立ちだけじゃなく喋り方も何かそれっぽいし、親戚とか言われたら納得しちゃう。
いっそ山伏マルミ先生が再登場でも良かったのに……と思ったが、それだと 『プチたん』 の登場人物のゲスト出演までも夢が膨らんでしまうか。
過度な期待をさせない配慮があったのかもしれない。

入江先生が下ネタサイドであるっぽいとは 【玩具】 で判明。
萩村スズの知識の範囲外だった "膣ボール" を一目で見抜くぞ。
つーかこれ、萩村スズ母が使用済みの膣ボールなのでは……
意図せず萩村スズが無知シチュをやっちゃってるのはドギマギしますね。
萩村スズとボアがこのボールで遊んでいる所に七条アリアがやってきたら、七条アリアは 「それ膣ボールだよ」 と言っちゃうのか言わないのか? みたいな想像も膨らむ。

次の 【しめった服】 と 【みてみぬ男】 は同じ瞬間を別の視点から描いて繋げているネタ。
こういう繋げ方は氏家ト全先生の漫画では珍しいと思う、ページをまたぐよう配置されてるのもその意外性を自覚しての工夫なのでは。
そして入江先生の人妻属性が明らかにもなったりしたぞ!
経産婦でもあるのでフェチの人は喜ぶ……のかは知らない (書くだけ書いておくか的スタイル)

ラストの 【このコかな?】 、七条アリアの 「めっ」 が少しもにこやかじゃなくて、きちんと叱る風なのが良いと思う。

17.08.23   『生徒会役員共』 「#437」 感想

・週刊少年マガジンの発売日と同じ週には感想を書きたいと思っているためか、一週間以上遅れると申し訳なさを感じてしまう。
そういうわけで、これを書いているのは9月に入ってからですが8月23日に発売された号の 『生徒会役員共』 感想。
この回 「#437」 は、桜才生徒会と英稜生徒会のフルメンバーが一堂に会するにぎやかなエピソードだ。

広瀬ユウ@両生徒会で最も新顔である登場人物 が、堂々と扉絵を飾りよる。
ダブルピースかと思ったらちょっと手の形が違うのよなー、これが今風のピースなのかどうなのかは分からなかった。
高身長で男勝りな筋肉のイケメン系女子でありカッコイイ系の扉絵だ。

開幕 【オーダー】 で 「第一回学園行事企画会議!!」 と状況説明が速やかに行われる。
両生徒会が全員集合で8名とも揃ったコマとかこれが初では。
七条アリアと青葉トオリが談笑してるの何だか目が行ってしまうよね……!
そりゃもう何度も顔を合わせた仲だけれども、いやこれ一体どういう世間話とかするのだろう、みたいに思っちゃう。
青葉トオリは七条アリアの下ネタに一人で立ち向かえるのか!? 大変気にしたい。

続く 【大食漢(2人目)】 では、巨大なかき氷タワーがご到着。
4,5人分くらいありそうなかき氷だー。
かき氷が一杯で何グラムかは氷の質で全然違うらしいけれど、それでも1kgくらいはありそうね。
津田タカトシと萩村スズの前に巨大なかき氷が並んでるこの構図、大きさの違いが楽しくて良いな。
ここでこの2人をチョイスするというのは氏家ト全先生のさりげないけどプロのセンスなのだろうなーって思ったよ。
それとサブタイトルで "2人目" って付いてるのも何か分からないが良さを感じた。
大食漢の1人目は 言わずもがな三葉ムツミである。
大食い対決フラグみたいな要素を無意識に連想して良さを感じたのかなあ?

そういや普段の 『生徒会役員共』 では、2,3ページ目の柱に登場人物紹介があるじゃないですか。
では両生徒会のフルメンバーが揃ったお話では、登場人物紹介には一体誰が選ばれるのか!?
その答えは、天草シノ・七条アリア・萩村スズ・津田タカトシ・魚見チヒロ・広瀬ユウ、だった。
森ノゾミと青葉トオリがカットされたー。
まぁそもそも、青葉トオリの紹介文は一度も出たことが無いから、まだ用意されてない可能性さえあるのだけど。

登場人物紹介と言えば、2017年9月発売の 『生徒会役員共』 最新15巻が気になる。
単行本の登場人物紹介ページが近年ずっと2ページだったが、15巻ではきっと増ページされてると思うのよ。
だからここで 「青葉トオリの人物紹介が追加されているか?」 ということは、ひとつの気にしたいポイントだ。

七条アリアの隣に青葉トオリが座っていたため 【こうかつなおじょうさま】 では重たい下ネタを青葉トオリが被弾である。
魚見会長で下ネタ発言にも慣れていそうな青葉トオリでも、七条アリアが放つタイプの下ネタには耐性が無かったのかも。
英稜ではスカ系の下ネタとか飛び交わなさそうだし。

次の下ネタ 【うすいピンク】 は、擬似露出プレイ的な下ネタだー。
これを言われたのが七条アリアだったらむしろテンションあがりそう (ひどい偏見)

近年話題のかき氷トリビアといえば、かき氷シロップは実は全部同じ味というネタですが!
【勝者】 は、この知識を活かした津田タカトシ×萩村スズネタが来た……!
いや攻めが萩村スズか?
ともかく、同じ味だと飽きが来ることを見越しての抹茶味だとしたら、未来予測が凄すぎる。
スズ先輩は計算できる女なんですね、というやつだ。
無駄知識で終わるか活かせるかは本人次第、ということで萩村スズの博識だけでなく応用も効かせられる頭の良さが現れたネタだー。

ラスト 【ぽってり】 、見所は2コマ目じゃない!?
開幕のネタと同じ構図で食前食後の違いを描いた状況で、七条アリアに気遣われている青葉トオリが何か良いよね……
お腹いっぱいでこうダウンしちゃう子なんだ! っていうあれ。
ぺろりと平らげて余裕そうな広瀬ユウとの違いが出てるのとか味わいがあるよねー。
最終ページのアオリ文句、「スズの幼児体型は、確実に人気アリ。」 は、担当編集者さんずいぶん個性を見せる断言をしてきたなと思った。
あと萩村スズにイカ腹の話題を振ったら 「背が低いだけでイカ腹では無いですね」 とかマジレス喰らいそう。

感想終了。
俺は 『生徒会役員共』 にハーレムエンドがあり得るとしたら、ハレムの主は七条アリアだと思っているのですけど!(何だ急に)
今回は今まで接点があまり描かれてこなかった七条アリアと青葉トオリが直接絡むネタもあり、その可能性が一歩進んだなとか思った (?)

17.08.22   『生徒会役員共』 の同人作品の話15

・『生徒会役員共』 の同人作品紹介日記、その15ですよ。
今回は2017年の夏コミで頒布されていた同人誌をご紹介。
なお、前回までの同人誌紹介は 生徒会役員共 同人誌・同人CG集 紹介 にて。

1点目
サークルマボロシココロさんの、『There's something About You!』 。
津田タカトシと萩村スズの物語。
全16ページで、内訳は4コマ漫画1本、8コマ漫画2本、1コマ漫画1点、ストーリー漫画1点11ページ。
形態は色々だけども、すべてが津萩 (津田タカトシ×萩村スズ) のためにある!
津田タカトシと萩村スズが既に付き合っている世界観で話が進むぞ。
原作のあの場面、実はこうなっていてくれ! というようなネタもあり。
特に1コマ漫画のセリフとか最高の返しかよと身悶えした。目をカッと見開いちゃったね。
ストーリー漫画も津萩っていうか、いやむしろ萩村スズ×津田タカトシか?
萩村スズが魅力であるための津田タカトシっていうか、強い女子としての萩村スズである。
ラスト直前の萩村スズとか表情が魅力的に映えててもう最高。
奥付ページに後日談としての1コマ漫画がある構成も隙が無い。

2点目
サークルマボロシココロさんの、『Ousai Cinema Complex』 。
内容は4本立て。
相川かをるさんによる、8ページ漫画
塔銅キンジさんによる、2ページ漫画。
毒菜さんによる、4コマ6本+イラスト2点。
明田ちかさんによる、1ページ漫画+イラストメインな2コマ漫画か。

本のタイトル通り、映画をテーマとした一冊。
劇場版記念という合同誌でもあるだろうが、劇場版を未見の人でも楽しめるぞ。
表紙から小ネタが満載だし、合同誌ならではの後書きページも嬉しい。

相川かをるさんによる 【生徒会映画化から騒ぎ共】 は、表紙同様にあれこれ色々な作品のパロディが楽しい。
コスプレネタも自然に投入されていて、先陣を切るにふさわしい感じだ。
塔銅キンジさんによる 【際どいラインを攻め抜いて】 は、魚見さんと森さんのお色気イメージイラストに目を奪われるね!
オチを持って行く七条アリアのボケにも笑った。
毒菜さんによる 【チチ・タイラ】 は、タイトルに反して胸の揺れに目が行ってしまうお話ですよ。
イラストもこの萩村スズの方とか、映画ならではであり こういうのが見たかった (いや間違ったフィルムの使い方ですけど)
明田ちかさんによる1ページ漫画+2コマ漫画は、美麗な絵が凄い! 1ページにこう多くの登場人物を可愛く描き込めるものなのか。
2コマ漫画の方も、森さんがすべてを持っていく可愛らしさをしているぜヒャッハー。

3点目
サークルマボロシココロさんの、『C92 マボロシココロぺーぱー』 。
ペーパーではあるものの、内容充実してるのでご紹介。4ページ。
劇場版の感想や 『生徒会役員共』 にハマったきっかけがイラストを添えて語られている。
最終1ページは、6月29日に開催された劇場版試写会のレポート。
正にファン向け、同好の士向けのペーパーだ! 読んでて楽しい
こういう自分語りはもっと世に増えてほしいですよねえ。
作者の方のTwitterアカウントなどでも公開されました → https://twitter.com/icmcawolu/status/898856193048797184

4点目
サークルいほはらさんの、『DTと大和撫子共凹』 。
内容は2本立てで、前半の 【津田タカトシと姦しい女子共】 は4コマ19本。
氏家ト全先生の過去作 『妹は思春期』 や 『濱中アイ』 の登場人物が出演するのも嬉しいコラボだ。
原作に近いようでエロめなネタが多いっていうか、あぁ 『妹は思春期』 の下ネタに近いのかも。
三葉ムツミの野外放尿ネタは危うい角度から描かれるし、魚見さんは乳輪以上のものがチラ見えしちゃうよ。
ネタが多いおかげで登場人物も多い (天草シノたち桜才生徒会の出番が多い) 。
【勝ち?負け?】 とか本当に氏家ト全先生のネタにあってもおかしくなさそう。
それと中でも 【開発中】 には笑った。

後半は 『女子大生家庭教師濱中アイ』 の二次創作ストーリー物 【女子高生家庭教師天野ミサキ】 12ページ。
いほはらさんが以前に頒布された同人誌 『DTと大和撫子共*』 の続編ではあるものの、この本からでも楽しめる。
高校生になった天野ミサキとの濱中アイや中村リョーコの変わらぬ関係とか良いよなあ。
小久保マサヒコと天野ミサキが2人で自分らの物語を進める姿勢も良いよ良いよー。
胸がほんわかするタイプの熱を持った漫画だ。

さて。
これ以降に紹介するのは、すべて成年向け同人誌です。
18歳未満の方はご遠慮ください。18歳以上でも責任の持てない方などもご遠慮ください。
レッツ Back Space。

5点目
サークルあなぐまトワイライトさんの、『鈴を鳴らして』 。
萩村スズと津田タカトシが生徒会室でエロいことをする同人誌。本編19ページ。
表紙から裏表紙にかけて描かれる萩村スズの全身図が美麗でまず目を引かれるし、本編の萩村スズも綺麗だよ。
冒頭からもう横顔の美しさやら、ややデフォルメ入った身を乗り出したコマのかわいさとか、いきなり心を掴まれる!
前戯というわけではないですが、性行為までに約7ページを費やす導入部の日常のやりとりシーンも見逃せない。
津田タカトシの "お前そこで萩村スズをフルネーム呼びするのかよ" っつー天然ジゴロっぷりみたいなとこ、スゲェニヤニヤした。
萩村スズの表情は全編よろしいし、それ故なのか顔を両手で覆って恥ずかしがるコマとか印象に残る。
本編は勿論エロいよ!
萩村スズの膨らみかけの胸の描写とか、上だけ先に裸になって足を開いてるコマとか最高では。

6点目
サークルねのくにさんの、『真夏の夜のもりっち』 。
フルカラー8ページのイラスト集。1ページにイラスト1点。
裏表紙以外は全部エロく、R18なイラストも5点を占めている。
タイトル通りに森ノゾミのエロいイラスト本であり、とにかく塗りがエロいよね!
血が通って暖かそうかつ、肉の柔らかさが伝わってくるような色合いだ。
森ノゾミの特徴として第一に挙がるだろう 胸の大きさを堪能できるポーズばかりだ。
セリフ無しでナレーションだけあるのも正に男性向けの薄い本って感じがある。
なお、エロいことをするお相手は津田タカトシであり、登場するのもほぼ森さんと津田タカトシだけ。

7点目
サークル杜都スポーツさんの、『おーまいりるがー』 。
萩村スズと津田タカトシがエロいことをする同人誌。本編18ページ。
津田タカトシが萩村スズと付き合い始めてから初めて迎える誕生日の前日、というシチュエーションから盛り上がりを感じませんか!
途中で日付を跨いでるのもニヤニヤできる要素では。
4ページ目から基本ずっとエロシーンですが、合間に入る轟ネネのう・ん・ち・くとか体位も構図が色々あって見飽きないのもよろしい。
唯一あるアヘ顔が津田タカトシだというのは笑った。
ほか、小山リカ先生 (+シルエットで横島ナルコ先生) のエロイラスト1点と、後書きページに七条アリアのイラストが1点ある。
後書きでは劇場版の感想も語られていますよ!

17.08.09   今週の 『生徒会役員共』 「#436」 感想

・発売翌週の火曜日ならば、まだ今週号だと思うのだけれどどうか?
そんな訳で、今週の 『生徒会役員共』 感想。
今回 「#436」 は、七条アリアと萩村スズが登場しない回。
この2人が登場しない回って稀にあるよねー、皆勤賞なのは天草シノと津田タカトシだけなのよなあ。

七条アリアたちは登場しなくても、魚見チヒロと津田コトミは登場するぞ。
そんな訳で舞台は津田家。
夏休み中の津田家で津田コトミがどんなだらけっぷりをしているかがメインの話になってる気がする。
つーか魚見さんが来るようになってこれなら、津田タカトシと津田コトミの2人だけの場合はどれだけゆるく過ごしていたのやら。

開幕 【母のかんろく】 では津田母が登場するかと思ったが、そんなことはなかった。
そういや魚見さんの自室が分かる様子って描かれたことないよね……?
この調子だとやっぱりきっちり片付けてあるのだろうか。

津田コトミのだらしなさ、というテーマだけれど 【ぐうたら生活】 の2,3コマ目にはビビった。
これ振り向いたらどうなっちゃうの!? と驚いたね。
実際には裸では無かったとはいえ、入浴時などですら裸体がデカデカと描かれることは少ない氏家ト全先生の漫画である。
ここまで直接的な半裸が (背中だけとはいえ) 大きく出てくることは相当なインパクトがあったよ。
こういう場面って以前には背中の大半が髪の毛で隠れていたりしたのに。

そういう面で言えば次の 【オプション】 1コマ目も胸が焦点の構図であり何か凄いが、何かエロさは減った気がする。
マネキンみたいな感じがあるからだろうか。
まぁそれよりも魚見さんのこのアイディア2つはスゲェなと素直に感心した (2つ目もかよって話だけど)
付け襟みたいな秀逸さを誇っているでしょこれ。

今回で一番の見所は津田家で飼われることになった野良猫かもしれない。
【ふれあい広場】 、「#429」 で保護された野良猫の名前が 「ムラサメ」 君に決定したとか。
津田コトミの好みっぽい命名である、何だか表情も凛々しいお名前に似合った感じだぞ。
氏家ト全先生の過去作 『妹は思春期』 に出てきた猫のキンタマとは違って、下ネタはしなさそうな顔つきだ。
というか今回早速この飼い猫と魚見さんが邂逅を果たしたが、魚見さんは割と普通の接し方だね。
いつもの表情崩して全力の笑顔とかになったらどうしようかと思ったが、いつも通りに嬉しそうな表情だ。
つーかそれより、このオチ!
魚見さんがこの表情で 「やっぱりドMなんだね」 って言うのは破壊力高すぎないです???
Mっ気に目覚めてしまう少年読者もいるのではないでしょうか!?

津田コトミの下腹部までが 【ゆるゆる生活】 で描かれて、今回は何やら肌色が多いぞ。
そして最終ページでは、いよいよ天草シノが登場だー。
【現在位置】 では津田タカトシと魚見さんがめっちゃ密着した状況を知らないまま天草シノが通話する。
何かスゲェそういうプレイみたいな感じがあるし、当然それがネタになるわけですよ。
つーか魚見さんが津田家にいることを知らずに天草シノは電話してきたわけか……そりゃ驚くわな。

ラストの 【シノメーター】 、魚見さんでもやりすぎちゃってマズいな、って思うことあるのかー。
このオチの失敗したなーって横顔はレア度高いよ。
ちゃんと天草シノにも配慮してるこういう友情がさ、良いよね。

感想終了。
そういえばサブタイトルのフォントが 「#431」 から変更となった件ですが、今回までずっと 「#432」 からの新しいフォントが使われている。
これはもう一時的な変更ではなく、本格的にフォントが変更になったと認識して良さそうだね。
気になるのは10年以上ずっと使い続けてきた同じフォントをどうしてこのタイミングで変えたのかだが……
その理由はさっぱり分からないなあ。
もしかすると、新しく交代となった担当編集者さんの好みなのかもしれない。
いや単純に氏家ト全先生の気分転換とかそういう可能性もあるけど。
更に考えるなら、もともと使っていたフォントがもう使えなくなった、みたいな可能性も考えられるか。
まあいずれにしても理由は皆目見当がつかない話だ。

17.08.02   『生徒会役員共』 「#435」 感想

・約2週間遅れの 『生徒会役員共』 感想ですよ。
先に書くと、この週の週刊少年マガジンには 「ヒロイン総選挙」 という企画の第一次審査結果が載っておりました。
が、残念なことに 『生徒会役員共』 は関係してこないという結果でしたね……5位には入るだろうと安心していたのだが……

さてこの回 「#435」 は、第一回町内パトロールのお手伝いをする回。
天草シノたち桜才生徒会が見回りだー。
掲載位置が前から2番目という妙に高い位置なのは劇場版が上映中だからなのかねえ。

扉絵のアオリ文句 「風変わりな帽子ですけど なぜか絵になるから 不思議です」 、こう書かれるとたしかに気になる。
天草シノが被っている帽子の模様は何だろう……?
「心」 って書いてあるようにも読めるが……? それとも 「べ」 か?
ともあれこのアオリ文句、本編を最後まで読んだら伏線に気付きやすくしてくれる優しさだったのかもと思ったよ。

今回ある意味メインとなる登場人物は、アスカちゃんことふじのあすかちゃん (たまに出てくる女児) なわけですが!
開幕 【おてんとうさま】 を強引に考えれば、今回のお話には人妻属性も含まれるということではないでしょうか? 無理か?
まぁそれよりもノリノリな天草シノのオチが可愛い。
事前にこれは行けると考えてきておいた挨拶なのだろうなあー、ここで津田タカトシがツッコミを入れないのも何気に匠の技な気がする。

2本目 【つうかあ】 、このタイトルが全てを言い表しているよ!
天草シノと七条アリアの以心伝心っぷり、熟年夫婦か? 仲の良さが最高なのだよなー。
この2人を特殊した選り抜き 『生徒会役員共』 コーナーとかあるなら、この4コマは絶対選ばれるでしょ。
付け入る隙が無い完成されすぎた4コマだ。

津田コトミとトッキーがいたらトッキーの方に注目してしまいがちじゃないです?
というわけでトッキーこと時カオルを見てたら 【身なり】 は津田コトミに着目するべきネタだった。
トッキーは津田コトミの開きすぎな胸元を見て何か思わなかったのか、どう考えたかスゲェ気になる。
ちなみにオチで萩村スズの服について言及されるのですが、あれ、この服って 「#432」 で着てた黒いセーラー服じゃん!?
#432」 では扉絵での着用だったけど、今回は本編中で着用だ。
つーかこれおニューの服だったのか……
扉絵で着てる服を同じ回の本編で着てるというのは珍しくないけど、数話前の扉絵で着てた服を本編で着てるのは珍しいパターンかも?
まぁやっぱり特徴的な服だしなあ、再登場も頷けるかも。

今回最大の見所かもしれないのは 【遊びの誘い】 。
アスカちゃんの10年後の姿 (イメージ映像) が登場だー。
年齢を確定できるネタは今まで無いけど、塾に通って算数を習ってるくらいだからアスカちゃんは小学生であろう ( 「#421」 ) 。
その10年後ということでJK姿 (イメージ映像) での登場だ!
今の髪型に今の表情のまま女子高生姿だから、犯罪チックなヤバさがある。
ある意味 『生徒会役員共』 には珍しいド直球のエロ描写なのでは。

そして次の 【公園でひとやすみ】 では、津田タカトシが日射病に。
これ、ここまで津田タカトシだけ帽子を被っていなかったのは、日射病になるという氏家ト全先生の張った伏線だよねえ。
そんな訳でアスカちゃんが大活躍。
日射病になっちゃった津田タカトシに水をかけて冷やすとかいう真面目な絡みが来た! 何かレアだ。
いつまでも遊んだり面倒見てもらっていたアスカちゃんが生徒会を助けるネタが来ようとはねー。
子供の成長は早い。
やっぱ登場人物がポジティブな成長を遂げていく描写は見ていて元気をもらえるな。

ラストの 【安眠まくら】 もアスカちゃんが最後のツッコミ役を持って行くし、もう今回アスカちゃんたち子供2人が主役かよって感じだ。
天草シノが津田タカトシに膝枕をするイイ感じの雰囲気も、予想以上に似合う黒いセーラー服姿でちょこんと座る萩村スズも形無し。
いやむしろ、アスカちゃんのツッコミを持ち上げるための天草シノや萩村スズという構図になってるのか。
応急処置的な姿勢の違いを差し込んでおくのもキッチリ決まっているし、この8コマ漫画はすごいよ、美しい。

この回は天草シノと七条アリアのボケツッコミの完璧さとか、後半3本のアスカちゃんの主役っぷりの輝きとか、綺麗に決まっていると思ったよ。

17.07.26   『生徒会役員共』 「#434」 感想

・約3週間遅れの 『生徒会役員共』 感想です。筆不精極まりない。
劇場版の感想と同人誌の感想を書いていたから、という理由もあるにしても。
ともあれこれは 「#434」 の回、畑ランコがメインでUMAを追う回 (後編) の感想です。

夏休み野外編ということで、舞台は幻のUMA "女型の獣人" が撮影されたという山ですよ。
開幕 【探検隊が行く】 、津田タカトシが畑ランコに女子っぽいところを見出してるのが良いなーと思う。
やっぱり普段は女子という意識で接してないのだな、という点でも。
実際普通に女子みたいな仕草というか、津田タカトシの背中に手をやる畑ランコも意外な一面があって良くないです?
オチで津田タカトシに押されて身体をのけぞらせる動作とかもさ、こういう動きも普段は見せない可愛らしさだ。

2本目 【機械の目】 では出島さんが登場やったぜ。
この時は 「女型の獣人の正体はプレイ中の出島さんだった!」 というオチの伏線でもあるよねー、と予想したのだが……
それよりこのネタ、4コマ目で出島さんがドン引きしてるのがこのネタ最大のポイントだよね!
これってさ、出島さん@マーキングポイントが監視カメラに映っちゃってさ、大変なことになった過去のトラウマとかさ、
そういうのを思い出してのリアクションなのでは……!?
法的に大丈夫かどうか、みたいな 『生徒会役員共』 史上初のガチのドン引きを出島さんがやるのかーという妙な感慨もある。
多様なプレイもOKそうな出島さんでも撮影されるプレイはNGなのかも、とも受け止めちゃう。

食事シーンって何故か良さがあるよねとか 【気がきく会長】 を見て思った。
特に畑ランコは物を食べてるシーン自体が珍しいせいだろうか?
畑ランコは基本無表情だから、食事で頬を膨らませてるという表情の変化すら映えるしさー。
(ここでの畑ランコは何も口に含めていないけど)

山に入るからと皆長袖シャツを着用してるのは芸が細かいなと 【かぶれ対策】 まで読んで気付いた。
でもただ一人、天草シノだけ半袖なのよな…… まあ虫よけスプレーとかで対策はしてるのだろうけど。
細かいと言えば、山の散策中だからか七条アリアが髪を縛ってあるのも描写が細かい。

萩村スズの表情、【ぎんぎらり】 オチの顔は何か好きだし、【やばそう】 で必死に表情を崩さないようしてる顔も良いよね。
つーか出島さんのドジっ子みたいな振る舞い笑った、何だこのシチュエーションはw
一体何をどうしてそんな時間帯に電動キノコを取り出しちゃってるのやら。

ラストの 【あんなこと こんなこと】 は何か違和感が残るのだよな。
UMAの正体がハッキリしなかったのはまだしも、津田タカトシの秘蔵写真の約束まであいまいになっているオチが解せない。
うーん。

17.07.22   『生徒会役員共』 の同人作品の話14

・『生徒会役員共』 の同人作品紹介日記、その14でございます。
うっかりしてたら頒布されてから紹介まで相当に間が空いてしまった。
大変な筆不精だな。
なお、前回までの同人誌紹介は 生徒会役員共 同人誌・同人CG集 紹介 にて。

1点目
サークルマボロシココロさんの 『スズちゃんが小さくなる話』 。全年齢向け。
タイトル通り、萩村スズがお人形サイズに小さくなっちゃって……というギャグ系同人誌。
本編7ページ。

ショートストーリーながら登場人物は多いし、メインの津田タカトシ×萩村スズな要素もニヤニヤできるぞ!
最後の展開に至った理由はきちんと説明されてるけどさ、説明の直前の行動こそが本当の理由なのでは!? というラブがある。
いくつか仕込まれてる小ネタやフキダシ外の会話も面白いよ。
また、奥付にも追加のオチ的なイラスト1点があるのは嬉しい工夫。

2点目
サークルねのくにさんの 『タカトシボルケーノ伝説』 。変な意味でR-15くらい行ってそう。
作中のセリフから引用すれば 「何もかもがオカシイ」 が正にそれのギャグ系同人誌。
本編8ページ。

4コマ集につき登場人物とネタは多いですが、基本的にオチは お笑い用語でいうところの "天丼" な一冊。
作者の方は何冊も 『生徒会役員共』 の同人誌を頒布されてますが、一旦 『生徒会役員共』 本は打ち止めにしようと思ったそうで、
なるほどそれでこういう最終回的ぶっ壊れギャグをやってみたのかー、と思った。
表紙や裏表紙からしてハーレム展開が予想されますが、それどころには収まらないハチャメチャな展開が到来していた。

さて。
最後に紹介するのは、成年向け同人誌です。
18歳未満の方はご遠慮ください。18歳以上でも責任の持てない方などもご遠慮ください。
18歳以上でも、高校生だとNGらしいですよ。

3点目
サークルがさやぶさんの 『ありぱい』 。18禁。
七条アリアや天草シノがひたすらにエロいことをする同人誌だ。
本編12ページ。

津田タカトシ (※基本的に男性器しか出ない) に対して、七条アリアたちが かわりばんこに性行為をする!
本当この柔らかく乱れる肢体や蕩けた表情は脳の幸福受容体をガンガンに刺激する! 見るドラッグでは。
1ページまるごと使ったおまけイラストも2点あり。
ページ配分的には七条アリア10ページ + イラスト1点、天草シノ2ページ、ウオミー (ラフ) イラスト1点。
奥付の 「生徒会役員共以外で一番好きな氏家キャラは〜」 という後書きも作品ファンとしては嬉しい語りだ。

17.07.21   劇場版 『生徒会役員共』 感想 (ネタバレあり)

ついに劇場版 『生徒会役員共』 の上映が始まりました!

劇場版 『生徒会役員共』

氏家ト全先生がマガジンSPECIALで 『生徒会役員共』 の連載を開始されてから10年。
桜才学園の面々が銀幕デビューを果たしましたよ!!
観客動員数もよろしいらしく、入場者特典とかも早々に無くなった映画館もあるそうで。
やったね素晴らしい。
是非とも素晴らしい興行成績を上げて、氏家ト全先生のやる気や創作欲求の糧に繋がってほしいですよ。

さてそういうわけで、劇場版 『生徒会役員共』 の感想です。
映画って封切り日から何日くらい経ったら内容を詳細に書いて良いのか分からんね。
まぁこれを書いてるのは7月30日で 上映初日から一週間以上も経ってるから大丈夫だろう。
この記事の感想は、完全にネタバレありです。
パンフレットの内容や、入場者特典のビニ本風ミニ冊子の内容にも触れています。
劇場版 『生徒会役員共』 のあれこれを語りつくすつもりで書くぞ。

まずは映画のざっとした内容紹介から。
予告されたPVや紹介文では 「津田タカトシがヘッドハンティングされて転校してしまう?」 という内容だった。
オリジナルストーリーを主軸に展開するとも読み取れるあらすじでしたが……
いやもう、内容は今までのテレビシリーズやOADそのままのアニメ版 『生徒会役員共』 だ!
もうこれ、基本はOADの内容そのままだよね。
ぶっちゃけ、上映時間60分のうち 津田タカトシの転校疑惑エピソードは7分くらいしかない。
残りの53分は OAD同様に氏家ト全先生の連載を元としたネタが繰り広げられている。
「原作未消化エピソード! たまったら出せ!! 中で!!」 までいつものノリで挿入されてくる。
OAD用に作ってた2話分が劇場版にあてがわれた感じ。

そうそう、"劇場版ならではの登場人物紹介" みたいなものも無いよ!
あまりにも 『生徒会役員共』 OADなどを視聴済みの人向けに作られているので、不安になったくらいだ。
(もしそんな人がいるとしたら だけど) 劇場版で初めて 『生徒会役員共』 を見た方は、人間関係が分からないのでは。
"姉さん呼びされてる魚見さんと津田タカトシは姉弟なの?" とか "ライフセーバーの人はメイドでもあるの?" とか思いそう
まぁ、不要な心配かー?
いやでも俺としては、劇場版で 『生徒会役員共』 を初めて知って原作の面白さに辿り着く人も増えてほしいしさー。

そしてメインの作中の個々の要素についての感想。
ついにこれから上映が始まるその瞬間、緊張のためなのか 一瞬にして気分が悪くなって人体の不思議を感じたよ!
そんな余談はさておき、TVアニメやOADとは違う制作というものを感じたよ
いつもより豪華に作られております。
OADによってはあったりなかったりする 「アリアのこれなーに??」 はあるし 「轟ネネのう.ん.ち.く」 もある。
ミニコーナーで特に笑ったのは、一番最後の 「Yokoshima Teacher English」 ですかね!
これが終わった瞬間エンドロールに突入して主題歌の 『青春ノンフィクション』 が流れ始めるのは最高すぎるでしょ。

あと5.1chの音響は確かにすごい。
『青春ノンフィクション』 の一部歌詞を後ろの座席に座った人も小声で歌ってるのかと一瞬勘違いしたほど (どうでもいい感想)

アニメオリジナルネタで良かった点と言えば、やっぱ天草シノのテレビインタビュー回答パートが一番に出てくるよ。
原作ではセリフが無くてどういう受け答えをしたのかは分からないのだが、ここに桜の花言葉の話題をチョイスしてくるとは上手すぎる!
言うまでもなく、『生徒会役員共*』 主題歌の 『花咲く☆最強レジェンドDays』 における歌いだしの歌詞、「桜の花言葉を知ってるか?」 に繋がるものですよ!
この繋げ方には感心した。
その他には、萩村スズの表情の変わりっぷりが良いよねー。
着替え中に生徒会室のドアが開いた一瞬の、萩村スズの照れ笑い焦りみたいなあの可愛さ!
清掃活動の始まりで生徒会として呼び掛けを行ってる時の、萩村スズの完全なる真顔の面白さ!
萩村スズはどちらかと言えば笑顔にならない人物なのに、意外にも生き生きとした百面相ぶりを見せるのが魅力の1つだよね。

ただ児童会役員共パートで原作には登場した小久保マサヒコ ( 『濱中アイ』 の登場人物) が消えてたのは残念かな。
まぁでも生徒会会則シーンにトリプルブッキング + 井戸田ヒロキ + 柏木レイコ社長がいたのは嬉しかったね!
『あかほん』 の面々は劇場版の公式サイトにまるでいなかったから、映画には一切姿を見せないものと思っていたしさー。

後半の津田タカトシの転校疑惑エピソード、あれ始まるとき 「脚本協力:氏家ト全」 とか出た時はテンション爆上げだった。
タイトルの右下にきちんと 「映倫」 って入ってたときもこみ上げるものあったけど、その比では無かったね。
というわけで、入場者特典のビニ本風ミニ冊子は 氏家ト全先生による転校疑惑エピソードの描きおろし漫画です。
今回の劇場版のために氏家ト全先生が描き下ろしたネームを、きっちり完成原稿まで仕上げた漫画ということであろう。
(※転校疑惑エピソード自体、映画化のために氏家ト全先生が描き下ろした内容)
これのネームを元に劇場版が作られたそうですが、それとは別進行で氏家ト全先生は完成段階まで持っていったのだと思われる。
劇場版とビニ本風ミニ冊子とでは セリフが一部違っているし (畑ランコのセリフとか) 。
森ノゾミが縛られたうえに手荒なことをされるのも劇場版のみ。
ビニ本風ミニ冊子では、森ノゾミは縛られないし、羽ぼうきでくすぐられたりもしない。

まあこの転校疑惑エピソードで最大の見所は、畑ランコの動きだよね!
劇場版の予告編でも見られるけれど、廊下を走ったり髪をはためかせて振り返るシーンがスゲェよ。
つーか畑ランコの髪の毛も乱れることがあるんですね (そりゃそうだ) 。
あと畑ランコ関係無いけど、五十嵐カエデがツッコミを2連続で入れることになってるのも笑う。

劇場版で最後にあった、夕陽の中で天草シノが津田タカトシにそっと耳打ちするエピソード。
あれは2017年9月発売の限定版単行本15巻に付属のOADに話が続くそうですよ。
もう完全に今までOADとか見てきた人向けの作りだな……
まぁそれはともかく、あれ天草シノが待ってる場所は2期のEDに出てくるのと同じ場所じゃないですか。
こういうところの小ネタが光るなーと思った。

小ネタといえば、この劇場版では背景に小ネタの遊びを入れてきているよね。
たとえば学園長室の歴代学園長写真。
実写の人物にいかにもな付け髭を装着させた写真が目に飛び込んでくるから、違和感がすごい。
あの写真って株式会社GoHandsの社員の人たちというのが順当なところだよな……
同じく、学園長室にある表彰状もネタに走ってる。
"尾奈浩二" という人 (うろ覚え) から桜才学園に贈られたような賞状だが、その日付が "1919年07月21日"。
言うまでもなく、イクイクオナニーの語呂合わせ。
桜才学園が創立51年という設定を無視してでもネタを入れたかった、ということだろう。

他には背景素材として、桜才校内新聞の文面が更新されたり、映画部の部員募集ポスターが新しく登場している。
"時代は一人ラブホ" の校内新聞以外にも、劇場版の冒頭にてドローンから撮影したらしい写真を載せた校内新聞もある。
ここ、そう来たかーと膝を叩いた。
バイブ付きドローンが登場人物紹介を兼ねた一発ネタでなく、ちゃんと新聞部の活動に役立ったと分かる背景だからね。
じゃあ畑ランコの目論見が完全に成功してたら女子更衣室の写真が載ってたのかよ、って話になるけど。

背景と言えば、背景モブとしては妙に目立ってる登場人物いるよね?
個人的にはこの辺。
 ・桜才生徒たちが登校するシーンで交差点を走っていく帽子を被った少女
 ・臨海学校の買い物で訪れた駅ビル前にいたサラリーマン
 ・同じく駅ビルの前や駅ビルの中にいた兄妹 (カップル?)
帽子を被った少女は、最初何か別アニメのオリキャラかなと思ったほど。
あと野球部ってことだろうけど、金属バットを持って通学している桜才女子生徒も何か引っかかる。

それはそうと、登場人物については気になった点があったりした。
劇場版の公式イラストあるじゃないですか、あの記念写真風な全員集合の方。
基本的に劇場版にて出番のある登場人物はあそこに全員集合してるのですが、青葉トオリは映画に登場しないのよ
記念写真風イラストでは確かに森ノゾミと天野ミサキに挟まれて立ってるのに、青葉トオリは劇場版に出ない。
一体どうした?
ついでに言えば、天野ミサキは 『児童会役員共』 パートだけでの登場なのに、公式イラストでは中学の制服を着ている。

うーん…… この公式イラストは劇場版の内容が固まる前に描かれたのかも。
もしくは劇場版の完成後に、いくつかネタがカットされたのか?
尺を縮めるために未公開となっちゃうシーンもあるだろうし。
バス停でさ、魚見さんが森さんを見送った後で何かに気付くようなシーンとかさ、思わせぶりで何も無かったしさ。
あれって続くネタがカットされたのかなーと思ってるのだけど、どうだろう?
あと萩村スズ母が登場するのに一言もしゃべらないのは、担当声優 (松来未祐) さんが2015年に亡くなったためか?
いやでも亡くなったの2015年で、劇場版公開が2017年夏なのだから、後継の人はとっくに選出されてるよな……?
謎だ。

登場人物といえば、この劇場版で小山先生のフルネームが判明した。
古谷さんのフルネームが "古谷サチコ" だとは先日判明しましたが、小山先生のフルネームは "小山リカ" ですってよ!
登場人物の下の名前が明かされない事が珍しくない氏家ト全先生の漫画。
長年不明だったフルネームがこの短期間に一挙に決まっていくとは、劇場版化の影響ってスゲェな……
あと、フルネームで思い出した話題。
この劇場版にアスカちゃん (ラジオ体操回などにいた子供) 出なかったね。
劇場版で出番があるから "ふじのあすか" というフルネームが決まったものかと予想していたのに。
ちなみに学園長については、権藤リキゾウというフルネームが折角あるのに スタッフロールなどでは "学園長" 名義。
細かい話ですみません。

もう細かいことついでに書いちゃうと、"ヨシくん" と "ナオちゃん" の名前が入れ替わってるというミスがあった。
桜才バカップルは、男子が "ヨシくん" で女子が "ナオちゃん" なのよ。
でもスタッフクレジットでは 男子が "ナオくん" で女子が "ヨシちゃん" になってる。
エンドロールでもパンフレットでも同様。
つーかそういや、ヨシくんナオちゃんには劇場版になってもフルネームが設定されなかったな。

そうそう、パンフレットは絶対買うべき!
氏家ト全先生が描きおろしの天草シノと魚見チヒロのダブル会長なイラストが1ページ丸ごとの大きさで載ってるぞ!
このサイズで氏家ト全先生のイラストを拝めることってそうそう無いからね!
この2人が選出されたのは、劇場版オリジナルエピソードを想定しての組み合わせだろうか。

また、パンフレットには 「氏家ト全先生に20の質問」 というQ&Aのコーナーもある。
初出の回答となるようなナイスな質問もあって、いくつか抜き出せば次の通り。
 ・なぜ「生徒会役員共」というタイトルにしたのですか?
 ・連載を開始してから、もっともうれしかった出来事は?
 ・「生徒会役員共」という作品を描く上で、心がけていることは?
 ・アニメから何か影響を受けたことはありますか?
 ・連載は今後も続いていくと思いますが、抱負をお聞かせください。
この辺どのような回答をするのかとかワクワクしちゃったね。
その他にも、金澤洪充監督をはじめとするスタッフさん数名へのインタビューも掲載。
一番気になった箇所だけ抜き出すとだな、

――氏家先生は、よくアフレコ現場に足を運ばれるのでしょうか?
日笠 氏家先生はアフレコにいらっしゃることは少ないのですが、お会いしたことはあります!

氏家ト全先生は制作現場を訪れたことあるのですってよ!
いいなあ。
アニメ製作チームに入れば氏家ト全先生に会えるかもしれないってことじゃないか……

それと最後に、氏家ト全先生の担当編集者さんについての話。
週刊少年マガジン2017年28号にて、氏家ト全先生は 「担当さん代わりました。」 とコメントされていた。
マガジンでは担当編集者さんが複数名つくらしいですが、一体どう交代になったのかなーと思っていたら!
その答えがスタッフクレジットに掲載されていましたよ。
今現在の氏家ト全先生の担当編集者は、千葉素久さん と 伊香淳一さん であるようだ。
千葉素久さんは言わずと知れた氏家ト全先生デビュー当時からの担当編集さんで、現在もマガジン副編集長のはず。
伊香淳一さんはどういう人なのかなと名前で検索すれば、めっちゃ情報が見付かったわ。
福本伸行先生の担当も務めていたりヤングマガジンの元編集長でもあるらしい
何か凄い経歴の人だな。
まあ連載に変な影響が出ることは無さそうっぽいので安心だ。

以上、劇場版 『生徒会役員共』 の感想でした!

17.07.20   劇場版 『生徒会役員共』 コラボメニュー食べてきたよ、というレポ

・劇場版 『生徒会役員共』 の公開を記念して 期間限定で販売中、秋葉原 KING×PASELA CAFE のコラボメニューを食べてきました!
そのレポートです。

こういうコラボ企画を開催しているカフェに行くのは初めてだったもので!
「コラボメニューを提供しているならコラボカフェでしょ? コラボカフェならグッズとか飾ってあるのでしょ?」 と、
店内が 『生徒会役員共』 関連のグッズで溢れているかと思ったら、そんな事は無かったよ。
『生徒会役員共』 単独でのコラボではない、というと伝わりやすいのかなー。

まず店内の装飾ですが、『生徒会役員共』 のポスターは2,3枚だけ。
普通に劇場版公式イラストのポスターだったかと。
描きおろしイラストとか無し。
また、店内ではアニメも上映されていたものの、これもやはり 『生徒会役員共』 では無かった。
何のアニメだったのかは不明。
K×Pカフェで常設コラボしてる作品のアニメだったのかも。
俺が行ったのはこの記事の日付の7/20はないのでアレですが、もしかして日にちや時間帯によっては 『生徒会役員共』 が上映されるのかなあ。

つーか劇場版公式サイトの文面をよく読めば、「コラボメニューが期間限定で登場!」 とあるね。
まさに実態はこの通り、コラボメニューが登場するだけ。
コラボメニューについては、公式サイトにある通りのメニューだった。
店内に置かれているメニューもこれ。
実際に出てくる料理も写真通り。

肝心の料理については……良くも悪くも普通かなあ。
味もボリュームも、コラボで何らかの費用が上乗せされてる分を考慮しても お値段通りな感じ。
ちなみに、全メニューを1人で食べきるのは無理そう。
量だけなら お腹の空いた成人男性1人で食べきれそうけど、甘さがヤバい、血糖値がヤバい。
かなり甘ったるいメニューもあって、そういう意味で全メニュー1人制覇は無理そうだった。

注文して貰えるグッズも、公式サイトに書いてある以上のものは無し。
「スズの為の成長促進ドリンク」 にそれっぽいプレートがありますが、これは食べられる素材で作られた料理の一部。

あとは折角だから、店内で注文時に使う帳票の写真を貼っておく。
ちなみに注意書きによると、店内での写真撮影はOKとのこと。
ただし動画撮影や録音はNGらしい。

『生徒会役員共』 K×Pカフェ帳票

以上、そんな感じ。
結論としては、まぁお布施なのかなあ。
アニメ版 『生徒会役員共』 で初めてとなるコラボメニューなのだから、記念として行ってみるのが良いのでは。
そういう感じ。
公式サイトの告知以上の内容は無いので、過度な期待はせずに行ってみるべしだよ。

17.07.19   今週の 『生徒会役員共』 感想と、劇場版主題歌CDやBlu-ray BOXの話

・いやー正直1人の人間が全部漏れなく追いかけるには無理がありますね。
TVアニメ1期や2期のときはまだしも、劇場版関連の情報とか追い掛け切れてない感覚が大変強い。
まあ今や公式がきちんと全部網羅してくれて当然みたいな素晴らしい時代になったから関係ないか。
とりあえずアニメ関連に関しては、最新情報は劇場版の速報ページでチェックしていきたい。

・そんな訳で、今週の 『生徒会役員共』 感想。
今週号の週刊少年マガジンでは、劇場版公開記念で一挙2話の掲載だ!
ちなみにセンターカラーでカラーページも付いてますが、別に氏家ト全先生による描きおろしなどは無しだ。
つーかこのカラーページ、マガジン公式Twitterアカウントがまるごと公開している
この画像2枚がカラーページの内容全部だ。
俺としては、雑誌を買わなきゃ読めないウリのページなのでは!? とか思ってしまう。
時代は変わった。

まあメインはカラーページよりも氏家ト全先生の漫画だったわ。
そんな訳で、一挙2話の1話目 「#432」 の感想。
扉絵は真っ黒なセーラー服に身を包んだ萩村スズ!
印刷の加減ではなくマジで真っ黒 (マガジンポケットで確認) 。
津田コトミの厨二病が発動してたら 「堕天の〜」 とか 「死神の〜」 とか形容してくれそうだ。
何かやたら特徴的な扉絵ですが、本編とは別に関係しなかった。

開幕 【姫騎士本】 とか印象的なタイトルで来たなあ。
お察しの通り、氏家ト全先生の描く姫騎士 (しかもアーマーブレイク) を見られるぞ!
中破だか大破だか、あるいはクイーンズブレイド的なイメージイラスト。じろじろ見ない手は無い。
天草シノが下ネタよりも七条アリアの行動に素でツッコミ入れてることに笑うw
数ある七条アリアの聞き間違いネタの中でも、たしかに怖い部類の登場シーンだ。

冒頭2本目という早いタイミングで、重たい下ネタをぶっ放しがちな萩村スズ母ネタが来るの良いよね……
もちろんそのボケはド下ネタだった。
【のけぞりスズ】 、萩村スズ母でもそういう場面では萩村スズに配慮するんだ!!? という新鮮さがある。
自身は夫との営みをめっちゃ萩村スズに話しているのにー、みたいな。
まあ、そういう一線を越えないところの良さが 『生徒会役員共』 の良さなのだよな。

今週号は全体的に面白いネタが揃っているけど、中でも 【いいふんいき】 は特に秀逸じゃないですか。
何だこの勘違いは……! シンプルにめっちゃ面白いな。
天草シノの緊張っぷりと対照的に、七条アリアがめっちゃのんびり声をかけてるの愉快すぎでしょ。
シンプルイズベストの笑いだ。

次の 【安全策】 、横島ナルコ先生ほどの人ががゴムを切らすことあるの?
そういう失礼なのか何かのかよく分からない疑問を思ってしまった。
いやでもテレフォンセックスが途中で切れてしまったネタとかあったしな……
あるいは相手やプレイによって、そういう忘れ物も多いドジっ娘属性とかを使い分けているのかもしれぬ。

輪ゴムって何か知らないうちに財布とかに紛れ込んでいるよねー。
そういうあるあるネタも 【しばってプレイ】 の天草シノにかかればセルフSMネタに早変わりだ。
良い子も悪い子もマネしてはいけない感じのプレイだ。
何気に直前の横島ナルコ先生のネタとゴム繋がりネタ2連続ですね。

1本目の最終ページでは、桜才学園映画部のネタが2連続。
まずは 【功績の影】 。
津田タカトシたちが主演を務めた映画部制作の映画 (「#413」) は、いつの間にか映画コンクールに入賞した模様。
マジか、映画コンクールに天草シノたちが随伴するネタとか来ると思っていたのに!
桜才学園には珠算部まであるのだなーとか思っているうちに話題は次の映画に移っちゃってるし。
うーん、撮った映画をみんなで見るような上映会のエピソードとかやってくれないものかなあ?

ラスト 【無修正】 は夢の拡がるサブタイトルですが、柳本ケンジと轟ネネの2人で織り成す下ネタというのは新しい可能性があるかも。
轟ネネがロボット研究部と映画部とのかけ持ち部員になってるのは良い感じの適当さだなと思う。

1本目の感想終了。
続いて一挙2話の2本目の感想ですが、ここで 『生徒会役員共』 のマニアックな小ネタを。
実は先週号からサブタイトル (【姫騎士本】とか) のフォントが変更になっている。
というか、先々週号までずっと同じフォントだったのに、先週に突然変わった。
さらに、今週号では先週号ともまた違う別のフォントになっている!
前回丸文字っぽいフォントになったかと思いきや、今回はオシャレにとがった感じのフォントだ。
謎の工夫を施してきたな……
また来週号ではサブタイトルのフォントが変わっているのかもしれない。
要チェックだ (というほどでもないか)

・さてそういうわけで、一挙2話な今週の 『生徒会役員共』 の2話目の感想。
2話目の 「#433」 扉絵は、たまにある場面説明を兼ねた扉絵。
夏休みに突入して、天草シノたちが図書館で畑ランコと出会うエピソードだ。

"図書館でうるさくして注意される" とかいうド定番を開幕 【マナーのお話】 で津田タカトシがくしゃみでやりよった。
そして津田タカトシでもくしゃみをかけられて喜ぶレベルには達してないんじゃないですかね (間違ったツッコミ) 。

2本目 【焦がれる乙女】 では畑ランコが早速登場だー。
ていうかサブタイトル良いよね。
畑ランコでも身を焦がすような思いをしているのか……! という意外な一面が発掘された感じがある。
4コマ目で 「おや 皆さん」 と振り返ったときにはもう隠されてしまった素顔だ。
畑ランコ好きな人には貴重なネタが来た感じだ。

今週公開の劇場版には絡めなくても、最近の大ヒットアニメだかである 『けものフレンズ』 には絡めてきたのだろうか?
【宇宙からの声】 と 【うすい展開】 には そんな事を思ったね。
マガジンを手に持って読んでる途中にさ、視界の端に件のアニメの登場キャラの "サーバル" みたいな姿がちらちら見えててさ。
一体これはどういうネタになるのだろうと思ったよー。
つーか畑ランコの自己イメージが気になるネタがやって来た。
「私不思議ちゃんじゃないよ?」 と汗流して否定する畑ランコは面白いなあ。

そんな訳で、今回のテーマはUMA (未確認動物) としての "女型の獣人" 。
というか2話目では、氏家ト全先生の描くケモノ娘を見られるぞ!
女騎士は1コマだけだったが、ケモノ娘の方は2コマも出番がある。
つーか今週は 「姫騎士」 やら 「ケモノ娘」 やらフェチ度が高いっぽい下ネタが多いですね。
ファンタジー世界が舞台の読切漫画とか描かれたりする前兆であってほしい!

女型の獣人というUMAは実在するのか? 実在しないのか?
畑ランコのジャーナリスト魂と、天草シノ&七条アリアの下ネタプレイ説が勝負になってる展開はウケる。
【ひとつの可能性】 1コマ目の天草シノの表情とか、滅多に見ない感じの目の死にっぷりなんだけどw
河童の情報で張り込みをした話とかも振り返るに、天草シノはUMAとかかなり興味が無いみたいだ (単行本8巻 「#200」 )

ラストの 【あれ?】 は次号に続くエンド。
〇〇山を舞台にUMAを探索するエピソーをやるみたいね。
きっとUMAの正体は出島さんというオチになるのだろうけど、一体どういう経緯でこの姿になったのかという想像は付かない。
冒険譚っぽいしスゲェ楽しみだ。
それはそうと、劇場版の公開とは全く関係ない話で一挙2話が終わるとは思わなかった (せいぜい映画コンクール入賞ネタくらい)
氏家ト全先生の何事にも動じないっぷりが凄い。

今週の感想終了。
ちなみに今週号ではマガジンの表紙に一挙2話の告知もあるのですが、別に描きおろしなどは無し。
じゃあ来週号でド派手に劇場版の宣伝がなされるのでは……という予想も外れた。
来週号でド派手に取り上げられるのは、最終回を迎える 『FAIRY TAIL』 だった。

・2017年7月19日 (水) には、週刊少年マガジンの他にも発売された 『生徒会役員共』 グッズがある。
まず1点目は、劇場版の主題歌である 「青春ノンフィクション」 のCDだ。
トリプルブッキング名義なのに、ジャケットに描かれているのは天草シノ・七条アリア・萩村スズ。
実のトリプルブッキングの姿は一切無いぞ。

収録曲目は 「青春ノンフィクション」 と 「ちはやふる恋してる」 の2曲と、それぞれの off vocal ver. を含む4トラック。
たぶん 「ちはやふる恋してる」 は、今後のOADとかでトリプルブッキングが歌う歌なのだろう。

なおこのCDには、店舗購入特典がある。
またこのCDは劇場版のチケットなどを提示して買うと、キャラクターボイスを期間限定で聞けるらしい。

・2点目。
この日にはアニメ生徒会役員共* Blu-ray BOX(BD4枚+CD複合)も発売された。

収録内容は、上記リンク先の公式サイトを見ていただけると良いかと。
まぁ内容はリンク先にもある通り、アニメ版 『生徒会役員共*』 のブルーレイ版だか。
外箱ケースのイラストは描きおろしですよ。
その他は特に描きおろしイラスト無しか。

封入特典である072P特製ブックレットの内容は、以下の通り。
・オープニング解説
・イラストギャラリー@
・各話紹介
・キャラクター紹介
・ヒロイン座談会
・キャストコメント
・金澤洪充監督インタビュー
・美術設定
・イラストギャラリーA
・氏家ト全先生スペシャルコメント
・エンディング解説

イラストギャラリーには、かつてのBDやDVDの店舗別全巻購入特典に使われたイラストも収録されている。
大変嬉しい工夫ですね、素晴らしい。
今回の劇場版で登場した多数の店舗別購入特典のイラストも、劇場版BDなどの付属ブックレットなりに収録されてくれそう。

キャラクター紹介には、作画監督である古田誠さんのコメントも掲載されている。
さすがに柳本ケンジや大門先生などへのコメントは無いが、時カオルや轟ネネについてもコメントを寄せてくれている。
どういう点に気を付けて作画されているのかとか分かったりするぞ。
また、桜才OGである古谷さんの下の名前がこのブックレットで初公開となった。
何故このタイミングで……と思ったが、まあ劇場版のためだよな。
劇場版のために用意した下の名前だが、映画の予告などでは出すスペースが無かったのだろう。

ヒロイン座談会は、声優さんたち3名によるトーク。
キャストコメントは、声優さんたち11名へのインタビュー。

金澤洪充監督インタビューは、全13話それぞれや主要登場人物についても語ってくれている。
これが4ページなのは勿体ないページ配分だなと思ったよ!
「原作でも非常に人気があるとお聞きしたエピソードを取り入れました」 って、どれの話なのか もっと具体的に書いてよ!
「人を傷つけない絶妙なバランスの下ネタ」 とは秀逸すぎるまとめじゃない?
『生徒会役員共』 の下ネタの魅力を一言で表すなら、と聞かれたときに100点満点で返せる回答だろう、すげえや。

氏家ト全先生スペシャルコメントは、8問のQ&A形式だー。
「Q:本作が長期の人気シリーズとなったことについて、どんな感想をお持ちでしょうか?」 への回答、何かずれてるなと思ったけど、
あーそうか、氏家ト全先生は自分の作品について評価したがらない漫画家さんなのだよなああああ。
だから作品の自己評価につながるような回答じゃあなくて、こういう回答を返したのか!
すげー氏家ト全先生、自身の漫画家として立ち居振る舞いが徹底しているよ。
美しいなと思う気持ちあり、もう少しポロリしちゃってほしいよーと思う気持ちもあり。

最後に、DISC5(CD) 特典CD のドラマ 『ムツミ格闘技教室!』 について。
収録時間は、7分5秒。
完全なオリジナルシナリオ。
……これ台本を書いたのはどなたなのだろう?
もちろん氏家ト全先生ではないだろうし、2期の脚本を書いた金澤洪充監督でもなさそうだ。
1期の脚本を書いた小山知子さんや中村誠さんあたりなのかな……

17.07.12   今週の 『生徒会役員共』 「#431」 感想

・さてさて今週の 『生徒会役員共』 は、桜才柔道部がオールスターで登場だー。
三葉ムツミやトッキーや津田コトミは登場するし、中里チリは扉絵だし久しぶりに海辺さんの名前も作中に出てくる。
っていうか柱の登場人物紹介に中里チリの紹介が追加されてるよ!
紹介文は次の通り。

中里チリ(高2)柔道部部員
ショートカットが特徴的なムツミの親友。ムツ
ミ、タカトシらと同じクラスのツッコミ役。

うわー感慨深い。
中里チリは 『生徒会役員共』 が週刊少年マガジンに移籍する前からいる登場人物だ (初登場は五十嵐カエデよりも先!)
そんな彼女が名前を得て、柳本ケンジとも絡むようになって、今週はいよいよ扉絵にも単独カットで登場だ。
すげー出世してるよね。
もしかして、劇場版の影響か?
劇場版では天草シノたち主要登場人物と同じくらいに活躍してるから、みたいな理由があるとかでさー。
というかこれなら、単行本15巻の登場人物紹介ページに中里チリもようやく追加されそうですね。

そんな訳で、今週の 『生徒会役員共』 感想。
今回 「#431」 は、柔道部の面々がゲームセンターで遊ぶエピソードだ。
完全に柔道部がメインのため天草シノたちがほとんど登場しない。
萩村スズとかスズヘッドが1コマあるだけで、役員共ともあまり絡まない。
「柔道部のみんなって普段どういう日常を過ごしてるの?」 ということが丸分かりな一話になってる。

小ネタとして、今回は何故かサブタイトルのフォントが違うのよな。
普段と違って、丸文字っぽい字体が使われている。
柔道部が主役だから、とか関係するのかなあ。

開幕 【本来の自分】 、三葉ムツミの津田タカトシに対する好意とか周囲の事実みたいな扱いだ。
津田コトミは三葉ムツミの恋心とか分かった上でこの発言してるのだろうし。 当の津田タカトシは、どう思ってるのだろう。
「無双している自分を見てほしくない」 というのが男子全員に対するものと捉えてるのかも。
つーか津田タカトシが誰とくっついたら良いかってことを、津田コトミが考えたりするのかどうかも気になるところ。

2本目 【バトルライフ】 はレッツゲーセン。
柔道部の中でも三葉ムツミと対等に仲良く接してる中里チリの提案でゲームセンター編の幕開けである。
つーか同じ部活以前に同じクラスメイトだしな。
中里チリと三葉ムツミが初めて出会った場面は描かれていないから、実は中学や小学校からの仲って可能性もあるのかも。

さてさて、格ゲー好き的には嬉しいコマがやってまいりました!!
氏家ト全先生の手による格闘ゲーム描写である。
『生徒会役員共』 における格ゲーのカットはたしか2度目。
1度目は津田コトミとトッキーが対戦していた格ゲー (単行本11巻 「#298」) でしたが、今度はゲーセンで対戦だ。

氏家ト全先生の手による格闘ゲーム描写

こうして見てみると、氏家ト全先生は実際の格ゲーの画面をきちんと資料として描かれたっぽいね。
左のコマ、超必殺技を撃っている方では超必ゲージが画面内にちゃんと存在する。
あと右と左のコマでやられているキャラは同キャラっぽくない? キャラカラーは違うっぽいけど。
同じキャラが出ているなら同じゲームなのか?
でも同じゲームだと捉えるには、ゲージやタイムカウントのデザインが違うのだよな……
同じゲームではなく、片方は同じシリーズの新作なのかもしれないですね。
あるいはこのハゲマッチョが、片方の格ゲーからコラボで参戦して別ゲームでも使用可能になっているのかもしれない。

トッキーや津田コトミも格ゲーをプレイしたことがある、という事実はさておき。
【ガラス越しの彼女】 のロマンティックな雰囲気さえ漂うサブタイトルとは裏腹に、オチのトッキーは酷いお顔になってる様子。
その顔を確認できる津田コトミの立ち位置は特等席じゃないです???
"ガラス越しのキス" とかオシャレなイメージだけど、上手くやらないとこのように鼻フック状態になってしまうのかーとか学びがある。

トリプルブッキングが "ゲーセンに置かれたパネル" と言う形でのご登場。
【夢の競演】 、トリプルブッキングの出番は最近増えつつあるような気がする。
やっぱこの時期だと劇場版の公開と関連があるのかなとか勘ぐってしまうぜ。
この 『Dance Dance Revolution』 風の音ゲーの名前が 「R-Dance II」 というのは、こだわりを感じる。
音ゲーだと分かれば良いだけなら わざわざ 「II」 を付ける必要が無いわけじゃないですか。
それを現在ゲーセンで稼働している機種らしくあるよう 機種名の後ろにナンバリングやら施しているってことだよ!
やっぱ下調べをきちんとしてるのだなあ。

次の 【メガトン加工】 の主役は、かつて 「アニメのオリキャラ」 と紹介されたアニメ版から逆輸入の柔道部部員たち。
その紹介通りにTVアニメ版1期で登場した彼女らだけれど、もはやすっかり柔道部部員としておなじみの顔ぶれみたいだな……
"普通に氏家ト全先生の原作からいたのでしょ?" とか思っている人も多そう。
ちなみに今のプリクラは、シールがプリントされずにスマホ管理用データが出てくる機種もあるのだとか。
"プリ帳" という言葉も死語になる日も来るのかもしれないらしい。ヤバイな。
そんなプリクラの変遷とか無関係なところに三葉ムツミはあるようだ。
女子で連れ立って行ってるのにギャグでなく、平然とパンチングマシーンをチョイスする三葉ムツミのゲーセン観もすごい。

ラストは8コマ漫画で 【すっきり爽快】 。
三葉ムツミを元気づけようと気遣った中里チリが三葉ムツミにぶん投げられまくるENDである。
いや、結局三葉ムツミが万全の調子に戻ったのだから中里チリたちにとってもハッピーエンドではあるか。
その割には死屍累々な絵面のオチだけど。
スランプの原因である津田コトミはぶん投げられずに元気いっぱいな笑顔なの、真っ当なギャグマンガっぽさがある終わり方だわ。

感想終了。
さて、いよいよ07月21日 (金) には、劇場版が公開!
そんな訳で次号の 『生徒会役員共』 は、センターカラー付きで一挙2話掲載だ!
更には主演声優4人へのインタビューもあるそうですが……10周年記念特集企画は無いのかなあ?
週刊少年マガジンでの 『生徒会役員共』 連載10周年記念の特別企画、掲載があると思っているのだが……
この劇場版公開のタイミングではないのだろうか……それとも再来週号でやってくれるのかなあ。

17.07.05   今週の 『生徒会役員共』 「#430」

・色々劇場版関連のニュースも出てきておりますが!
近年マジで便利な世の中になったもので、アニメ版 『生徒会役員共』 の公式Twitterアカウントさんを見れば最新情報が分かる。
もちろん週刊少年マガジン本誌にも抜けなく最新情報は掲載されているけれども。

ちなみにOAD付きな限定版の単行本15巻は、7月14日 (金) が予約締め切り!
OADを見たい人は忘れず予約しておこうよ。

さてそんな訳で、今週の 『生徒会役員共』 感想。
今回 「#430」 は日常的エピソード回。
劇場版の公開も間近ですが、割といつも通りだ。
まあ劇場版の封切り日前後には 10周年記念企画とか特別な企画が掲載されたりするとは思いたいけど。

さて開幕は 【風通しよし】 、「だから見えない所で着くずしている」 という実績のある天草シノならではの発想かも (単行本1巻 「#7」 )
自分が着くずすくらいなら津田タカトシでもそうするのでは! みたいな考えで。
それに七条アリアのノーパンに影響を受けるかもしれないのは、何も女子だけとは限らないわけだからね…… (いやな発想)

次は七条アリアの聞き間違いネタ2連続。
【さんぽ】 、裏から見た "さんぽ" の文字は "ち〇ぽ" に見えるという視覚ネタを超越して、七条アリアは聴覚でも誤解しちゃうのか。
"進歩" とかも聞き間違えてそう。
文脈によっては "本舗" とかも聞き間違えてるのかも、アカチャンホンポとか。

七条アリアのボケよりも 【大穴】 は 天草シノと畑ランコが普通に女子っぽい会話してるのが大変良くない? よろしくない!?
あぁ下ネタ無しにも天草シノたちが普通に美容の話題とかすることあるのだなああぁぁって思うと何か心躍る。
こうさ、天草シノ・畑ランコ・五十嵐カエデの3人がコスメグッズについてとか会話するだけの番外編とか読んでみたくないですか?
別にヤマなしオチなしイミなしの会話劇でも氏家ト全先生ならば面白さが詰め込めると思うし。
何かの商品とのコラボや宣伝として、商品説明をする宣伝漫画ならアリだと思うのですけども。

4本目の 【オープンスタイル】 では、津田家に猫ちゃんがご登場。
前回 「#429」 にて津田家で飼われることが決まった、桜才学園に迷い込んだ猫ちゃんが津田コトミに遊んでもらっている。
名前は七条アリア発案のタマなのかどうかは、まだ不明。
とりあえず津田コトミになついてるみたいで良かった良かった。
オチはトイレのドアを開けっ放しで用を足す津田コトミの図 (津田コトミの姿は描かれてないけど) 。
"トイレのドアを開けられてバッタリハプニング" を体験した天草シノは恥ずかしがってたが (単行本10巻 「#255」 ) 、津田コトミはどうなのか?
ここで津田タカトシが気付かずトイレに入ろうとしたら……津田コトミは恥ずかしがらなさそうな気がする。
かつて 「ひとりでする時だってどちらかというと見られてる方が」 というセリフを残しているくらいだしさー。

劇場版関連の映像やグッズでしかフルネームが出ていなかったトッキーですが!
今週の登場人物紹介で、ついにマガジンでも時カオルのフルネームが登場。
けれど本編 【不調トッキー】 にはフルネームが出ていないし、津田コトミからもトッキーと呼ばれているし。
下の名前がどうあっても、トッキーと呼ばれることは今後も変わらないみたいね。

最終ページの 【手の感触】 は、萩村スズが自らスカートをたくし上げるお話。
しかしまあ、今回の露出方法といいカバンチラといい、スカートってパンツ見える危険性高すぎるなと思う。

もどる

inserted by FC2 system