14.07.28   氏家ト全先生が 『みなみけ』 10周年記念イラストを寄稿

・2014年7月28日発売のヤングマガジン第35号に掲載 『みなみけ』 10周年特別企画内にて、
氏家ト全先生が10周年祝福イラスト&コメントを描いてるよ!

ヤングマガジンと言えば氏家ト全先生の過去作 『妹は思春期』 が連載されていた雑誌であり、
『みなみけ』 と言えば氏家ト全先生が過去に桜場コハル先生のコラボ漫画を描いた漫画でもあるけれど、
その辺は特に一切触れられてなかった。
紹介のされ方も 「[生徒会役員共]の氏家ト全先生」 だし。まあ今となってはそりゃ当然か。

氏家ト全先生のイラストは、南家の長女:南春香のイラスト。
コメントは、イラストに添えられた一言のみ。
うおお氏家ト全先生らしい……!
いやでも らしいと言えばらしいけれど、数年ぶりのヤンマガ帰還なのだしさー、何かもっともっと見たかったよ……!

14.07.23   今週の 『生徒会役員共』 「#288」 感想

7月28日 (月) 発売のヤングマガジンに、氏家ト全先生が 『みなみけ』 連載10周年祝福イラスト&コメントを寄せたそうな!
詳細はこちら → http://yanmaga.jp/news/20140724-11.html

さてさて今週の 『生徒会役員共』 「#288」 感想。
臨海学校定番肝試し大会エピソードですよ。扉絵は三葉ムツミの水着姿が眩しいね。
しかしそれより、開幕 【がっかりスズちゃん】 にてやたらピチピチしたシャツを着てる大門先生が気になりすぎる。
めっちゃ身体の線浮き出てますけど。。。乳首透けてそう。あっ、だから腕組みしてしっかりガードしてるのかな。

肝試しのおどかし役は生徒会役員の役目、というわけではなかった。
【おどしておこう】 にて津田タカトシは三葉ムツミとペアになって、つまり今回は三葉ムツミがほぼメインの回だー。
ピュア属性な三葉ムツミなら天草シノの言葉に従ってパンツを脱いだりしそう。いや、しないか? 轟ネネなら脱ぎそうだけど。

肝試しは男女ペアかな? と思ったらそうでもないようで。
まあ桜才学園は津田タカトシの代から共学化したので、3年生は全員女子だろうし女子同士のペアがあるのも普通か。
【喜怒哀楽】 にて七条アリアに指示する畑ランコ、
このオチは予想の範囲内なのか、それとも七条アリアは畑ランコの想像を超えるボケをかましたのかどうか。
おどかす相手が五十嵐カエデたちなあたり、狙ってこの指示を出したようにも思える。

七条アリアの声に1人だけ驚いてないトッキーも強いけど、
今回の肝試しで一番怖げな 【△】 で、即座に天草シノだと気付ける津田タカトシもつええ。
いや、肝試しを利用して津田タカトシにがっちり接触する天草シノもある意味強いか。
そして肝試しに参加してないのに怖がってる萩村スズの弱さたるや。
"肝試しを回避できて喜んでる人が怖い目に遭う" とか "肝試しに参加しなかった人と参加した人の話が合流して最後のオチになる" とか、
構成が上手いなあと思いました。

そして、来週の 『生徒会役員共』 は休載です。
次回掲載は、8月6日 (水) 発売号予定。まだまだ臨海学校編だとか。
冒頭にも書いた、『みなみけ』 10周年祝福イラスト&コメントを描くための休載だったりするのかなあ。

14.07.21   『生徒会役員共』 の同人作品の話8

・ 『生徒会役員共』 の同人作品紹介日記8。
今回紹介するのは2点とも18禁同人誌なので、18歳未満の方などはこのままお帰りください。リンク先も18禁のようです。
ちなみに前回までの同人誌紹介は、こちら。生徒会役員共 同人誌・同人CG集 紹介

1点目。
サークルがさやぶさんの、『キノコパワー15』 。
七条アリア漫画8ページ、4コマ1本、登場人物のおっぱいイラスト集6点の同人誌。
『キノコモーター(仮)』 (がやさぶさんが以前に出されたコピー誌) の内容が ほぼ丸ごと含まれているので、そちらを買い逃した方にも嬉しい。

本編は、津田タカトシ×七条アリアもの。
七条アリアのラブラブっぷりな態度や とろんとした表情、柔らかそうな身体つきは見てるだけですら気持ち良い。脳内麻薬出てる気がする。
7,8ページ目の楽し嬉しそうな表情には、ああもうぞくぞくしちゃう!!
パイズリとAFの2本立てですが、「大丈夫だよさっきアナル洗浄したばっかりだから♥」 と説明があるのは七条アリアらしさが感じられて良いなあ。
擬音やセリフ、全てがもう七条アリアが味わう快感や享楽を伝えてくるようで、どのコマを取り出してみてもたまらない。作者の方の七条アリア好きが伝わる傑作。
4コマでは、畑ランコと天草シノとスズヘッドが登場。

イラストパートは1ページ1イラストの大きさで、天草シノ、萩村スズ、ウオミー、津田コトミ (2点) 、出島サヤカのイラスト。
『キノコモーター(仮)』 からは津田コトミと出島サヤカのイラストが増えた。代わりに七条アリアのイラストが消失。
おっぱい描写に定評のある絵師さんらしく、どれも圧巻の一言。
各登場人物の表情やちょっとした仕草が本当にそれらしいし、おっぱいメインの性行為ほぼ無しでこうも見所を作り出せるとは! と息をのんだ。
あと天草シノや津田コトミはちんこ手に持ってたりするくらいどまりなのに、出島さんだけパイズリしてるしで (しかも多分2回戦目) 最高でした。
至極の一品だわ。
2014.11.03追記:
ダウンロード販売が始まったそうです → http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ143778.html

2点目。
ぱんだ戦隊さんの、『性徒会役員共!』。
無料配布本のコピー誌。全8ページ。ほとんど萩村スズづくし。
内訳は、表紙1ページ、天草シノのパンツ越し御開帳1ページ、本編4ページ、スズくぱぁ1ページ。奥付1ページ。

本編は乱交もの。萩村スズがモブ男子生徒の性処理で大忙し。
コピー誌と言うと どれくらい描き込まれているか気になる方もおいででしょうが、
作者の方のpixivアカウント (上記リンク先) にある、別作品のコピー本と同じような感じ。
パンツ越しにうっすら具が見えてる会長の御開帳がエロイなあと思いました。

14.07.19   『プチプチたんたんプチたんたん』 第29話感想

・パンチラどころか、登場人物のパンモロがめっちゃ普通に出てくる。 げぇー、何だこれ!?
氏家ト全先生の漫画には "登場人物のパンチラ・パンモロが描かれるのは最終回だけ" という暗黙の了解ができてて、
パンツが描かれる場合は、穿いてないパンツだったり、イメージ映像として誰でもない下半身がパンツ穿いてる絵だったりしたのに!
最終回が近いとも思えないし (単行本に収録される話数的に考えて)

そんな訳で、今月の 『プチプチたんたんプチたんたん』 感想。
今月20日は日曜日なので、マガジンSPECIALは19日発売。
第29話 【♂×♂】 は、TV番組の動物おもしろ映像にプチを撮影して投稿しようとする花園ハナのエピソードですよ。

透明人間のように隠れる案として野外露出プレイネタで始まる開幕。
今月のマガスペは 『プチたん』 の少し前に、透明人間として活動するため全身の毛を剃って全裸になる 『インビジブル・ジョー』 って漫画や、
その漫画と連動して "透明人間がテーマの作品特集" って企画があるので、その企画とコラボしてるようで笑った。
氏家ト全先生が狙って1ページ目に持ってきたのだったら面白いのだが。

全裸とは行かないが、「プチの日常1 食事」 では寮母の朝宮マミさんがスカートを下され おみあしお披露目。やったね。
ちなみにパンツは見えてない。そりゃ氏家先生のマンガだし……と思っていたら、
「プチの日常2 お風呂」 では、脱衣場で下着姿の先輩方がめっちゃ普通に描かれた。パンツ祭り。何事なのか……?
過去に何度か登場した先輩もパンモロしてる。右から2番目の人とか、田隈カオル初登場回でバスタオル姿だった人だ。
入浴シーンやらで全裸 (スチームガード付き) が描かれることはあっても、
登場人物のパンツ着用姿だけは最終回 ( 『濱中アイ』 、『妹は思春期』 ) でしか描かなかった氏家ト全先生が、どういう心変わりなのだろ。。。
"イメージ映像でのパンチラならOK → モブキャラならパンモロOK" という流れかと一瞬思ったけど、そうでもなさそうだし。
ともかく、氏家ト全先生の作品でも今後はパンチラ・パンモロ解禁となったのかもしれない。

次の 「プチの日常番外 おめかし」 では田隈サトリが登場。
そういや先月の次回予告を読んだ時にはでは、写真部の田隈サトリたちが出番あるのでは、と思ったけれど写真部全然関係なかった。
しかしこのラストの情報、ブラコンで田隈カオル一択の田隈サトリ発なのだから、田隈カオル相手に偏った情報なのではという気もする。
実際田隈カオルが好きな下着のデザインも地味なモノらしいし。

ラストの 「プチの日常3 お散歩」 はタイトルにもなってる ♂×♂ 展開。
焼き鳥屋の店名が "ふしちょう" とか小ネタもあるけど、見所なのは好物を嗅ぎ付けて全力で走り出すプチだよね。
今月のプチは、朝宮さんのスカートを下したり、ロープ解いて駆け出して必死の形相で入浴場に逃げ込んだりと、
かなりアグレッシブだしストーリーの完全な主役だ。こうも行動的なプチを見るのは久しぶりな気がする。

大オチ、かつて片岡ヒカリのファーストキスを奪ったプチが田隈カオルのファーストキスをもペロペロする展開は愉快だなあ。
つーか田隈カオルの初めてを田隈サトリが奪っていなかったとは!? そこが衝撃的だった。

感想終了。
次号予告は 「次号、ブラでアレコレしちゃうお話♂♂」 とのこと。
今月解禁された下着姿やらもどんどん出てきそうな予告に思えるのだけど。どうなのだろ。

14.07.16   『生徒会役員共』 「#287」 感想

ぎゃーーー出島さん登場エピソードだあああ!
桜才学園臨海学校エピソードに七条家専属メイドの出島さんの出番があるとは思ってなかった。嬉しい!
七条グループ所有のビーチとか裏設定あるのかもしれないな。
そんな訳で、今週の 『生徒会役員共』 「#287」 感想。

桜才学園イベント回ながら扉絵から出島さんだ。やったぜ。
開幕 【YESマン卒業】 は七条アリアが全裸に見えるというネタだけど、扉絵の出島さんは下半身穿いてないように見えるぞ!
七条アリアとの半ペアルックと言って差支えないな。いやどっちも脱いでないでしょう との指摘は受け入れられないな。

臨海学校・林間学校のW開催 (どちらに参加するかは生徒の自由) ながら、登場人物の多くは臨海学校を選んだようで。
登場人物ほぼ全員が登場してるにぎやかな夏展開だ! 豪華すぎる。次回には三葉ムツミメインのネタやトッキーの出番もありそうな勢い。
【はた】 は、畑ランコが 「はたから見ると」 と言うダジャレ発言もあるネタ。
萩村スズが鈴 (すず) に反応するネタが昔あったけれど、畑ランコの場合は意識して発言してそう。

次の 【スズハンド】 、その穴はすでに開通済みじゃあないですか (酷い感想) と思ったけれど、
ロリ時代にかえった轟ネネとしての発言なのかしら。
つーか童心に帰ってこのセリフだったら、それはそれでぶっ飛びすぎけど。
あと何か分からないけど、この4コマはタイトルが穴関係でも轟ネネ関係でもなく "スズハンド" なのが面白いなあと思った。
"何が起きたのか" "どこが触られたのか" ではなく "誰が触ったのか" がメインみたいなタイトル。
確かに水着越しとはいえ、萩村スズが轟ネネの局部に触れるのはこれが初めてだろうしな……

そして後半4本は、ライフセーバー役での出島さんによる水難救助の基本教室展開。
溺れる人を助ける場合や離岸流の説明が完全に真面目なのは 興味深い氏家ト全先生の作風だなーと毎回思う。
【収納ボイン】 、天草シノが津田コトミに気遣いされちゃうの面白いな。。。津田コトミが気遣いするシーンとかレアっすよレア。
つーか津田コトミは普段からバストを活用してるのだろうなーと思えるのも良かった。
津田コトミが自宅でバストをあけっぴろげに活用するせいで 逆に津田タカトシが貧乳に惹かれるようになってる可能性も……いや、無いか。

今週ラストのネタは出島さんが主役だろー。素敵だ。
【ふり】 、出島さんは真面目な顔して何を考えてるの……ってのあるし、
真面目に 「日本語は難しいね」 と思ってるのは面白いし、俺も出島さんにフリされて手のひらで転がされたい……! てのもあるし。
たまらないな。

そして次回も臨海学校編とのこと。津田タカトシたちがウオミーにお土産買ってくる話とかもあったら嬉しいね。

14.07.09   『生徒会役員共』 「#286」 感想

・これ書いてるのが7月17日だから一週間以上遅れての感想だ。
うわあ、一体何をしていたのだろう。フリーダムウォーズだけど。
そんな話はさておいて、ともかく 『生徒会役員共』 感想。
桜才学園 夏の特別行事 臨海学校・林間学校W開催の前日譚エピソードの感想。

扉絵は、夏の海がバックで帽子に白ワンピース的な天草シノ。
普通こういう格好なら澄まし顔だったり切ない表情してたりするのがパターンですが、
ここでの天草シノはデフォルメ表情かつ親指立てて Good! のポーズ。
キメすぎない絶妙な外し方であり、これは素晴らしい扉絵だわ。本当こういう氏家ト全先生のセンス好き。

ちなみにアオリ文句によると、『生徒会役員共』 の単行本が累計260万部突破だそうで。
単純に単行本巻数の10で割っても、1巻当たり26万部刷られてるって計算。ともかくめでたい。
【必需品検定】 では生徒会役員そろってお買い物。
天草シノたちが水着を買う場に津田タカトシも一緒に付いてくるとかもう、仲良すぎるな。すごいな。
"ナプキン" を隠語で "座布団" と呼ぶ件、ちょっと検索してみたら古い隠語だという印象があるみたい。
天草シノがこの言い方するのは 古谷さんから伝わってたりするとかの裏設定あったりするのかな。
【マシンガントーク女子】 も合わせて読むとそれっぽいし。

萩村スズと天草シノで大人っぽさの定義が違う 【すごく大きい】 には笑った。
この自信満々な表情で下ネタを披露する天草シノは見てて楽しい。
【うすい布】 、天草シノたちが試着した水着をお披露目する。津田タカトシの目の前で!
津田タカトシはノーリアクションだー。まあもう互いの水着姿とか見慣れてるだろう仲だしな……
でも七条アリアのときだけ津田タカトシはよく見てるとか逆に目を逸らしてるとか別の反応しててほしい。。。

七条アリアは枕がかわると眠れないというネタが 【とっかえひっかえ】 でまた来た。
結局闇鍋大会の夜、七条アリアは萩村スズを抱いて寝たのだろうか? (単行本7巻 「#165」 )

そしてラストの 【出発の朝】 、これはもうウオミーと津田タカトシの同棲確定みたいなものだろ……!?
津田コトミは自分たちが3人兄妹だと思っててもおかしくなさそうな接し方だよ。
既に津田家の親御さんとも面識ありそうなレベルだ。

・さてさて本日2014年7月9日は週刊少年マガジンの発売日でありますが、
同時にTVアニメ 『生徒会役員共*』 のBD/DVD 第6巻の発売日でもあるので、その紹介。
ジャケットは5巻までと違って集合イラスト。2人組になると思ってたよ。
2期ではライバルポジションのように目立っていたウオミーがジャケットに登場しないのも意外な配置。

収録内容は、TVアニメ版第11話と第12話と第13話。
収録内容はTV放送版から変わりないけど、エンドカード (あの天草シノのよく分からない一言) だけは無い。
また、TV放送版にはあったモザイクや セリフに被せたピー音を外した 「思春期ver.」 が収録されている。
ただし演出上の目的なのか、一部セリフのピー音が外れていない。

BD/DVDの第6巻には、「ピー音 イッキ見コーナー(#7〜13)」が付いてくる。
名前の通り、ピー音の入っているシーンだけをひたすら見れるコーナー。
こちらにも 「思春期ver.」 付き。

なおBD版限定で、特典CD 「機長's English」 が付いてくる。
柳本ケンジと機長による英会話教室的なギャグCD。約17分。
帯が付くのもブルーレイ限定、モザイク処理風のケースが付くのもブルーレイ限定。
ディスクレーベルがカラーなのもBD限定。1期と違って明らかにBDの方がお得な感じを受けるなあ。

1期と違って、付属するブックレット 「生徒会記録ノート!6」 はBDでもDVDでも同じ。
設定紹介ページには 津田タカトシ、津田家ダイニングキッチン、七条アリアの自室や七条家鳥瞰図の設定画がある。
七条アリアの部屋は、勉強部屋や寝室の設定図は無し。そもそも何部屋あるのだろう。
ちなみに6巻では声優さんへのインタビューページは無し。
そして来た! スタッフコメントとして氏家ト全先生へのQ&Aが最後に掲載! 良いね。

インタビュー内容の見所は、
「Q こちらは一言で構いません。「*」は何と読まれますか?」 に対する簡潔な答えとか。
この問いシリーズの大オチにふさわしい回答だー。笑った。
また、「Q (略) アニメから影響を受けたところなどはありましたでしょうか? (略) 」 に対して、
「スズの作画です。」 との回答されてて予想外。
一番影響を受けた要素は、畑ランコについてだと思ってたので。(それもあるのかもしれないけど)
別の点を挙げてくるとはなー、と。
最後のメッセージには珍しく 「!」 を付けて回答されており、これは珍しい。
氏家ト全先生がコメントとかでエクスクラメーションマーク使うこと、そうそう無いのよ。
いやーやっぱ年月を重ねれば人間誰しも変わってくるものだよなあ、などとしみじみ思ってしまいました。

さてそして、『生徒会役員共*』 法人別オリジナル特典のうち、アニメイト限定ドラマCDについて紹介。
『animate 特典ドラマCD 「朝の窓から朝の窓まで!」 』 と題されたドラマCD、収録時間は約20分。
レーベルは文字列のみ。イラスト無し。
完全オリジナルストーリーで、脚本はおそらく金澤洪充監督。
登場人物は、津田タカトシ・七条アリア・萩村スズ・畑ランコ・大門先生/権藤リキゾウ。
権藤リキゾウ学園長に声が付いた! CVは大門先生と同じで利根健太朗さん。
天草シノ不在とは随分思い切った構成だなー。声優さんのスケジュールの都合かしら。
ドラマCDの内容は、各登場人物の寝起きを畑ランコが襲撃したり、学園長への報告をしたりとかするもの。
出島さんへの言及があるのとか良かったです。七条アリアの寝起きの様子描写が聞きどころではないかな、という感想。

14.07.02   『生徒会役員共』 「#285」 感想

・今週の 『生徒会役員共』 は、掲載位置が一番後ろ。巻末掲載ですよ珍しい。
"掲載順が下がる = 打ち切りの危機" という雑誌もあるものの、
週刊少年マガジンでは打ち切られないマンガも たまに掲載順がぐーっと後ろに下がるので、まあ通常運行か。
とはいえ、氏家ト全先生は 「ネタが出ないので終わります。」 と 『あかほん』 を終わらせているので、
掲載順がどうであれ、約30話ごと (単行本1巻収録分ごと) で最終回に怯えてしまう訳だけどな!

閑話休題。
今週の 『生徒会役員共』 感想。「#285」 感想。
開幕 【ポケットの副産物】 、あるあるネタを下ネタに切り替える天草シノの強引さがスゲェ。
まて津田!!」 と叫ぶほどのテンション爆上げだし。
津田タカトシの気苦労がしのばれるっつーか、天草シノは普段から何を考えているのさ!?w っつーか。

2本目 【横島語録】 、
これ系では 「エッチの後にアイ (愛) がある / アイ (愛) の前にエッチがある」 が有名ですが、
横島ナルコ先生が "アイがあってこそエッチだよ" 的な下ネタを言うとは、意外。
アイ (愛) はエッチの後に生まれるものだから! とか言って迫ってそうなイメージだった (失礼)

今回何気に一番ヤバイのが 【寝る姉】 だよね!
えぇー何この初めて津田タカトシのベッドにもぐりこんだとは思えない手際のよいボケ!? 手馴れてる感あるぞ……
ウオミーは津田タカトシと同棲しててもおかしくない勢いだ。

これは先日感想書いてて膨らんだ妄想なのですが、
津田家では両親が不在のこと多いし、津田コトミも津田タカトシも帰りが遅い事あるし、ウオミーが津田家で一人留守番してる日もあると思うのよ。
それでさ、ウオミーが津田タカトシのベッドに一人潜り込んでさ、シーツに顔をうずめてタカ君の匂いがするとか言いつつさ、
相手に津田タカトシを思い浮かべてさ、一人遊びに興じたりしてることきっとあるよね……
それで津田タカトシが帰宅すると ウオミーは普段通りの態度、乱れのない格好で出迎えるのだけど、
ベッドはウオミーに匂い付けされてて、ベッドからお姉ちゃんの匂いがする……? って津田タカトシが不思議がるの! 不思議がるオチなの!

そういう薄い本的な妄想が生まれるくらいこの4コマはヤバイ。ヤバすぎる。

妄想終了。
ラスト3本は、畑ランコの隠し撮りとか密着取材とかのネタ。
【ドラマ仕立て】 【スルー女子】 【うらぎりの巻】 、こうやって畑ランコが追われるネタが今まで無かったのは不思議な感じがする。
追われて机の下に隠れるとかあっても良さそうな感覚だー。
まあ、こうやって怒って追い掛けてくれそうな登場人物が (生徒会メンバー除くと) 他にそうそういないってこともあるのかも。
細かい事では、机の下からぬっと顔を出すシーンって何気に 『生徒会役員共』 ではよく見る気がする。萩村スズがいるおかげか。
顔を出す際に両手の指先を机に乗せる仕草、細部ながら可愛い。

もどる inserted by FC2 system