氏家ト全  巻末コメント  単行本コメント  インタビュー / 濱中アイページにもどる  アイドルのあかほんページにもどる  生徒会役員共ページにもどる  プチプチたんたんプチたんたんページにもどる


氏家ト全先生について

・ 某年、12月24日生誕。男性。O型。
・ 現在、
週刊少年マガジンにて 『生徒会役員共』 を連載中。
・ 宮城県の漫画家。
・ ペンネームは、戦国武将の 氏家卜全 が元ネタ。

略歴
2001年
・ 別冊ヤングマガジン16号 『妹は思春期』 読切掲載 (氏家邦貴名義)(『妹は思春期』 1巻に収録)
・ 別冊ヤングマガジン18号 『妹は思春期』 読切掲載 (『妹は思春期』 1巻に収録)
・ 別冊ヤングマガジン20号 『妹は思春期』 連載開始

2002年
・ 別冊ヤングマガジン32号 『妹は思春期』 がヤングマガジンに移籍
・ ヤングマガジン27号 『妹は思春期』 連載開始
・ 別冊ヤングマガジン33号 『妹はひまわり組』 連載開始
・ ヤングマガジン・アッパーズ妹増刊(いもぞう) 『妹は選手権』 『全日本妹は思春期!!』 が読切掲載 (堂高しげる先生との合作)(『全日本妹選手権!!』 4巻に収録)

2003年
・ マガジンSPECIAL6号 『女子大生家庭教師宿田アイ』 読切掲載 (『女子大生家庭教師濱中アイ』 1巻に収録)
・ K-Dash #03 タイトル無し読切作品 掲載
・ 週刊少年マガジン40号 『女子大生家庭教師濱中アイ』 連載開始

2005年
・ ヤングマガジン30号 『みなみけも妹も思春期』 読切掲載 (桜場コハル先生との合作)(特装版 『みなみけ』 3巻付属のブックレットと、『妹は思春期』 9巻の両方に収録)

2006年
・ 週刊少年マガジン16号 『女子大生家庭教師濱中アイ』 連載終了
・ 週刊少年マガジン27号 『女子大生家庭教師濱中アイ』 ( 『アイドルのあかほん』 告知4コマ) 読切掲載
・ 週刊少年マガジン28号 『アイドルのあかほん』 連載開始
・ 週刊少年マガジン48号 『アイドルのあかほん』 連載終了

2007年
・ マガジンSPECIAL6号 『生徒会役員共』 連載開始
・ 月刊少年シリウス7月号付録ギャグ&ピース 『ハナとプチ』 読切掲載 (『生徒会役員共&オールキャラクターズ』 に収録)
・ 別冊ヤングマガジン24号 『妹はひまわり組』 連載終了
・ ヤングマガジン52号 『妹は思春期』 連載終了

2008年
・ マガジンSPECIAL7号 『生徒会役員共』 が週刊少年マガジンに移籍
・ 週刊少年マガジン34号 『生徒会役員共』 連載開始
・ マガジンSPECIAL12号 『女子大生家庭教師濱中アイ』 (クリスマス4コマ) 読切掲載
・ 週刊少年マガジン4・5号 『生徒会役員共』 (マガジンドラゴンコラボ予告マンガ) 読切掲載

2009年
・ マガジンSPECIAL6号 『児童会役員共』 読切掲載 (『生徒会役員共』 3巻に収録)

2010年
・ マガジンSPECIAL6号 『生徒会役員共』 (ショート漫画バージョン & 梅雨4コマ) 読切掲載 (ショート漫画バージョンは『生徒会役員共』 4巻に収録)
・ 7月4日 AM0:30 のtvkでの放送を皮切りに、テレビアニメ 『生徒会役員共』 がU局系にて放送開始
・ 8月17日 『生徒会役員共&オールキャラクターズ』 発売
・ マガジンSPECIAL10号 『生徒会役員共』 (ショート漫画バージョン) 読切掲載 (『生徒会役員共』 5巻に収録)
・ 12月17日 『アニメ生徒会役員共オフィシャルガイド桜才学園生徒会活動報告』 発売

2011年
・ マガジンSPECIAL4号 『生徒会役員共』 (ショート漫画バージョン) 読切掲載 (氏家ト全先生の作品が初めて雑誌の表紙を飾った)(ショート漫画バージョンは『生徒会役員共』 6巻に収録)

2012年
・ マガジンSPECIAL5号 『プチプチたんたんプチたんたん』 連載開始

2013年
・ マガジンSPECIAL9号 『生徒会役員共』 (ショート漫画バージョン) 読切掲載 (『生徒会役員共』 10巻に収録)
・ マガジンSPECIAL11号 『生徒会役員共』 (ショート漫画バージョン) 読切掲載 (『生徒会役員共』 10巻に収録)
・ マガジンSPECIAL1号 『生徒会役員共』 (抱負、夢4コマ) 読切掲載

2014年
・ 1月4日 PM8:30 のAT-Xでの放送を皮切りに、テレビアニメ 『生徒会役員共*』 が独立系各局ほかにて放送開始
・ 1月26日 放送 テレビアニメ 『ダイヤのA』 第16話 エンドカード
・ ヤングマガジン35号 『みなみけ』 10周年祝福イラスト&コメント
・ 週刊少年マガジン45号 年賀状イラスト

2015年
・ 週刊少年マガジン15号 『プチプチたんたんプチたんたん』 (ショート漫画) 読切掲載
・ 週刊少年マガジン18号 『マガジンOHANAMI』 合作イラスト
・ マガジン学園 描きおろし色紙
・ 週刊少年マガジン45号 年賀状イラスト

2016年
・ マガジンポケット 『祝 マガジンPOCKET 100万ダウンロード感謝記念キャンペーン!!』 記念イラスト
・ マガジンSPECIAL7号 『プチプチたんたんプチたんたん』 連載終了
・ 週刊少年マガジン35号 『FAIRY TAIL』 10周年お祝い色紙
・ マガジン学園 サイン色紙
・ 週刊少年マガジン46号 年賀状イラスト
・ 週刊少年マガジン53号 『少年マガジンギャグ祭り』 記念イラスト
・ 劇場版「生徒会役員共」 前売り券購入者特典 描き下ろしイラスト複製ミニ色紙4点
・ マガジンSPECIAL1号 直筆サイン&イラスト色紙
・ 週刊少年マガジン4・5号 新春BIGプレゼント 描き下ろし超美麗直筆サイン入り複製原画

2017年
・ 週刊少年マガジン10号 バレンタインスペシャル4コマ

備考
かつては野球に関する巻末コメントが多く、『妹は思春期』 『女子大生家庭教師濱中アイ』 連載中には、
「主要登場キャラ全員の苗字が巨人以外の野球選手の苗字と一致する (小久保も 『女子大生家庭教師濱中アイ』 連載開始時はダイエーに在籍)」
という遊びも見られたが、
『アイドルのあかほん』 以降、漫画に野球と結び付きを持たせる事は止めたようだ。

氏家ト全先生には姉がいるとの事で、作品から感じられる女性的な空気にはその辺りが影響しているのでは、と思うがどうか。

「氏家邦貴」
読切版の 『妹は思春期』 初回でのみ、確認できる作者名。
氏家ト全先生だと思われる 「ト全」 という方の投稿が 他誌で確認されているため、
「氏家邦貴」 は、講談社で描くにあたって用意された 新しいペンネームだったのではないかと推察。


巻末コメント

・週刊少年マガジン2017年18号 「#420」
春ですね。

・週刊少年マガジン2017年17号 「#419」
部屋掃除しました。

・週刊少年マガジン2017年16号 「#417・#418」
髪切りました。

・週刊少年マガジン2017年15号 「#416」
最近一週間が早く感じます。

・週刊少年マガジン2017年13号 「#415」
劇場版順調に進んでいます。

・週刊少年マガジン2017年12号 「#414」
ほうじ茶おいしいです。

・週刊少年マガジン2017年11号 「#413」
最近トイレが近いです。

・週刊少年マガジン2017年10号 「#412」
劇場版のコンテ読みました。すごいボリュームでした。

・週刊少年マガジン2017年9号 「#411」
寒いと思ったら雪ふってました。

・週刊少年マガジン2017年8号 「#410」
はやく暖かくなってほしいです。

・週刊少年マガジン2017年7号 「#409」
特典の小冊子は単行本に収録されないのでぜひ映画館へ!!(宣伝)

・週刊少年マガジン2017年6号 「#408」
あけましておめでとうございます。

・週刊少年マガジン2017年4・5号 「#407」
桜才の人々が映画デビューするようです。

・マガジンSPECIAL2017年1号 サイン&イラスト色紙プレゼント SPでの連載を振り返って…
『生徒会』はマガスペから始まりました。
機会を与えてくれたマガスペ、
どうもありがとうございました。

・週刊少年マガジン2017年2・3号 「#405・#406」
単行本M巻よろしくお願いします。

・週刊少年マガジン2017年1号 「#404」
物置から出てきた本読みふけっちゃいました。

妹は思春期 巻末コメントとアンケート

妹はひまわり組 作者コメント

女子大生家庭教師濱中アイ 巻末コメント

アイドルのあかほん 巻末コメント

生徒会役員共 巻末コメント

プチプチたんたんプチたんたん 巻末コメント


単行本コメント集

女子大生家庭教師濱中アイ

妹は思春期

アイドルのあかほん

生徒会役員共

プチプチたんたんプチたんたん


氏家ト全先生インタビュー集

・マガジン学園 2016 複製原画展示 (先生からのひとことコメント)
選んだ理由は、担当さんが気に入ってくれたからです。

・週刊少年マガジン 2015年12号 (「下ネタ4コマと向き合って12年って、よく考えたらスゴいですよね?」と氏家先生に聞いてみた。)
――ついに連載2作品の単行本が同時
発売されました。最初の単行本『妹は
思春期』1巻が発売されてから12年以
上もの間、一貫した世界観のある作品
のアイディアを出すために、氏家さん
は何かを特別なことをしているのです
か?
氏家「…………特にありません」
――よく行く所があるあるとか、よく
見るものがあるとか……。
氏家「……毎週(原稿を出しに)郵便
局には行きますが……ネットも見ます
けど……特にというのはないです」

――……では、どのようなタイミング
でアイディアが出るとかはある
のでしょうか。
氏家「そういうのは……(5秒沈
黙)決まってません…………」

――なるほど……では『生徒
会』と『プチたん』それぞれ1
話分を、どれくらいの時間をかけて制
作しているのですか?
氏家「両方、ほぼ毎日やってま
す……」

――そ、そうですか…………お忙し
いところすみませんでした。では最後
に、今、最新単行本だけでなくBlu
-ray BOX、音楽CDほか氏家関
連作品が巷に溢れています。視聴者や
読者の皆様に一言メッセージをお願い
します。
氏家「アニメの方は声優さんたちの新
境地を観てください。単行本は……
(2秒沈黙)よろしくお願いし
ます」

・生徒会役員共*6 BD/DVD 『生徒会記録ノート!6』 staff comments Vol.6 原作 氏家ト全先生
書き起こす予定はありません。

・『この4コマがオモロイ!』 掲載 氏家ト全先生インタビュー
書き起こす予定はありません。

・週刊少年マガジン2012年14号 (漫画家への花道 「ギャグ漫画」虎の巻!)
ギャグ漫画家を志したきっかけは!?
デビュー作(『妹は思春期』)は、特にギャ
グ漫画であることを意識せず、完全
にインスピレーションで描きました。
漫画を描く・読む以外で、ギャグ漫画作りの参考になる事・物は!?
寝ます。
作品作りの最大の「こだわり」は!?
2話にまたがらずに、
1話完結でネタを作ること。
作品作りにおいて、これだけは「やらないようにしている」ことは!?
ギャグ漫画なので、暗いネタは
やらないようにしています。
「下ネタ」を描く際に意識していることは!?
一旦、少年漫画であることを忘れて、
そのネタが「あり」かどうかは担当
さんに判断を委ねてます。
10年前と現在、ギャグ漫画のトレンドは変わったと思いますか?
わりと変わってない
気がします。
「今トレンドだと思うギャグ漫画」を1冊教えて下さい!
『ちろちゃん』
(結城心一、一迅社)
ギャグ・コメディ漫画家を目指す新人作家に、激励の一言をお願いします!
ネタが出なくて頭痛くなる時もあ
るけど、一緒にがんばりましょう。

・『生徒会役員共&オールキャラクターズ』 掲載 氏家ト全先生インタビュー
書き起こす予定はありません。

・週刊少年マガジン 2010年28号 (TVアニメ生徒会役員共 制作現場見学)
――アニメ化が決まった時はどう思いましたか?
氏家「驚きました」
――1話目をご覧になったようですが、感想を聞かせてください。
氏家「クオリティの高さを感じました。監督の金澤さんはアニメ化の話の前からこの作品を
読んでいてくれたらしく、原作の雰囲気を理解してくれた方が作ってくれたんだなあと
感じ嬉しかったです」
――気になったシーンは?
氏家「シノとタカトシが最初に出会うシーンです」
――アフレコ現場に来て見学した感想を聞かせてください
氏家「プロが集う現場でした」
――気になった声優さんはいましたか?
氏家「皆さん見事にハマってました。中でも新井さん演じる畑さんには
異様な存在感がありました」
――アニメ化して何か(生活、作風、意識など)変わりました?
氏家「変わりませんでした」
――それでは最後にアニメを見てくださる読者の皆様に一言メッセージどうぞ。
氏家「シモですが、よろしくお願いします」
――‥‥‥‥‥‥‥‥

・マガジンSPECIAL 2008年4月 (漫画家への花道 「マガスペを創る漢達!!」 )
★担当編集をご自分の作品のキャラクターにたとえてみてください!
★真面目なキャラがいないので、たとえられません。
B打ち合わせ中の忘れられないエピソードがあれば教えてください。
B少年誌の限界について討論した。

・週刊少年マガジンファンクラブ 2007年12月 ギャグ漫画作家陣への10の質問
Q1子供の頃どんな漫画が好きでしたか?
バトル系全般
Q2漫画を描くきっかけ、または影響を受けた漫画家や作品は?
思い出せません。
Q3漫画家になってよかった!と思うのはどんな時?
遅寝遅起き
Q4ネタはどんな風に考えますか?
いつ?どこで?場所やシチュエーションを教えてください。
その場凌ぎ
Q5ギャグ、コメディー漫画を描いていて一番大変だと思ったことは?
下ネタのセーフティーゾーン
6仕事の息抜き法は?
眠る
Q7自分の作品の中でお気に入りのキャラは?
アヤナとか
Q8好きな芸人さん、最近はまっているお笑い番組などありましたら教えてください。
アメトーク
Q9無人島にひとつだけ持っていくとしたら何?
帰れる方法
Q10最後に読者のみなさんに一言!!
これからもがんばります。

・週刊少年マガジン 2006年16号 (濱中アイ 最終回)
マガジン編集部(以下略)――お疲れさまでした。連載
が終わって、大変だったと思うこと、今だから言える
ことなどはありますか?
氏家「‥‥‥いえ‥‥‥特に‥‥」
――あの‥‥すみません。いろいろあったかと思うん
ですが、どこまでが自主規制すべきエロで、どこまで
が笑えるHなのかの境界線がわからなくなったり、下ネ
タがつきたり、手首が痛くなったり、肩がこったり‥‥。
氏家「そうでしたね」
――‥‥‥はい‥‥で‥‥では逆に楽しかったことは?
氏家「いろいろ勉強になったとは思いますけど‥‥」
――‥‥楽しいというよりは‥‥大変だったと‥‥
それはそうでしたね。では話題を変えて作品について
ですが、ミサキとマサヒコの今後の動向が気になります。
氏家「読者の皆さんがいろんなパターンの想像を膨ら
ませてくれれば嬉しいです」
――濱中先生がマサヒコの高校に先生として赴任し
てくるなど、濱中アイ番外編を見てみたいのですが?
氏家「一応、今は終わったばかりなので、それは考え
ていないです」
――考えは次に向かっているということでしょうか?
最後に気になる次回作について聞かせてください。
氏家「まだそれについては何も思いついてないです‥‥」
――題材はともかく、開始時期はどのくらいになりそ
うですか?
氏家「う〜ん やらせてもらえるということなので、
すぐにでもやりたいという気持ちはあるのですが‥‥」
――これから準備期間に入るとして、例えば25号(5/24
発売)くらいで「氏家ト全新連載スタート」というのは
どうでしょう?
氏家「‥‥できることなら‥‥。でもまだ何とも言え
ないです。何せこれからですから」
――次回作の構想がまとまり次第、できる限りそこ(25
号)を目指していくということですね。
氏家「そうですね」

・週刊少年マガジン 2005年47号 (濱中アイ 第2回人気投票結果発表)
――う‥‥氏家さん! 人気投票の結果‥‥なんとこの通りです。
氏「へ――‥‥‥」
――コトもあろうに濱中センセ4位に下がっちゃいましたけど。
氏「ええ」
――ええ‥‥て、正直この漫画、本当の主人公は一体誰なんですかね。
氏「濱中アイ‥‥じゃないですか? たぶん」
――あ! 今、たぶんって言いましたね!
氏「マサヒコとも言えなくはないんで‥‥」
――マサはビリッすけど‥‥

・週刊少年マガジン 2005年41号 (濱中アイ 第2回人気投票開始)
――氏家先生、○○○○○○○○○○○しょう。どうな
ると思います?
氏「わからないですねえ・・」
――主人公然としてきたアイの順位は上がると思うんで
すが、前回圧倒的だったミサキ人気にはかなわないので
は・・と。あとアヤナも最近露出多いし人気を集めそう
ですよね。
氏「そうですかねえ・・」
――あと最近男性読者が多くなってきた感じがするので
マサヒコは厳しいのではと予測してるんですが・・?
氏「かもしれませんね・・」
――あの・・まさか関心ないんすか?
氏「あ・・ていうか、本当にわからないんですよね」
――・・・・・・・そうすか・・。
印刷が潰れて「○○○○○○○○○○○」は読み取れず。
インタビュー内容から察するに「人気投票結果を予想しま」かと思われる。

・週刊少年マガジン 2005年11号 (濱中アイ 第1回人気投票結果発表)
担「もう誰が主人公かよくわからなくなってますけどいいんですかねえ・・」
氏家「どうなんですかね・・」
担「・・サザエさんも人気投票したら主人公が一番人気かわからないし、いいんですかね・・」
氏家「どうなんですかね・・」
担「・・・・・・・」


もどる inserted by FC2 system